エアハラチは足がきつい!?サイズ感・選び方のコツを徹底解説!【履き心地・特徴・解決策】

こんにちは。ファッションカタログ「High-end」運営の二宮一平(@ninomics)です。

 

ナイキを代表するハイテクスニーカー「エアハラチ」

履き心地・軽量設計を徹底追求し、エアマックスと並ぶ大人気モデルです。

しかし、サイズに関してお悩みを抱えている方も多いことでしょう・・・。

 

 

足の甲がきつくて痛い・・・。

 

ずっと履いていればなじんでくるのかな・・・??

 

などなど、たしかにエアハラチのサイズは最初から「合う人・合わない人」が存在します。

僕自身も普段からエアハラチを愛用していますが・・・

 

 

二宮一平
たしかに履き始めた頃は、少し足の甲の幅が狭くてきつかったです・・・。

 

 

ただ、このモデルの特性上、履けば履くほど慣れていくように設計されています。

それでも解消しない場合は、

 

 

✔インソールを薄い物に変える

✔水に濡らしてシューキーパーを入れて大きさを広げる

✔1サイズ大きい物に買い替える

 

 

という3つの方法を実行するのがおすすめ。

その理由や、よりくわしいやり方について解説していきますね!

 




エアハラチのサイズ感がきつい人が続出してしまう3つの理由

 

それは、

 

「エアハラチ自体のコンセプト」が大きく関係しているのです・・・。

 

メキシコの「ハラチ」というサンダルがモデルだから

 

へ~。だから・・なに・・??

 

と、感じるでしょう・・。

しかし、

 

このサンダルの特徴を見て頂きたいのです。

 

 

✔素足に近い感覚で履けるサンダル

✔履けば履くほど足になじむ素材を使用

 

 

などなど、そもそもが足にピッタリとフィットするように設計されているのです。

要するに、足になじむまで、ある程度の時間が必要になるスニーカーだということ。

 

すぐに捨てるのは、あまりにももったいないです。

 

「素足に近い感覚」がコンセプトだから

何度も言っていますが、これこそがエアハラチの代表的な特徴です。

言い換えますと、

 

靴を履いている感覚を極限にまでなくし、まるで皮膚の一部かのような履き心地を実現させるスニーカー

 

になります。

ということは、

 

 

✔足の形状は人それぞれ

✔多様な足になじむまでの時間が必要

✔最初はきつめに設計しないと足になじまない

 

 

という特徴を持っているのです。

そもそもが、わざときつめに作られたスニーカーなのです。

 

ヒモをきつく縛りすぎているから

 

上の画像のように、エアハラチにもしっかりとヒモが付いています。

ただ、履いた経験がある方はすでにお分かりかと思いますが、

 

ヒモがなくても十分に履けるほど、ピッタリと密着するように設計されています。

 

ですからエアハラチに関しては、

 

 

✔ヒモはただの飾り

✔ゆる~く結んでおく

 

 

といったことが、最も重要になります。

少しでもきつく縛ると足が窮屈に感じるので、

 

 

二宮一平
ほんとに、優しく結んでおくイメージでOK!です。

 

 

全体的にストレスフリーな履き心地を味わえますし、フィット感があるので靴ヒモに頼らずともしっかりと履くことができます。

 

 

また、エアハラチおすすめモデルのご紹介は、こちらの記事をどうぞ。

どれも履き心地に優れた、個性満点のモデルのみを厳選しました。

👉エアハラチおすすめモデルはこちら




買ったエアハラチのサイズ感がきつい時の効果的な対処法3選

 

もう買ってしまったしな・・どうせなら長く履きたい・・。

 

という方へ、おすすめの解決策をご紹介します。

また、

 

これから購入する予定がある方も、要チェック!の内容です。

 

その1:インソールを薄いものに変えてみる

 

純正のインソールを分厚いと感じる人は、薄めのものに変えてみましょう。

スニーカーのインソールを変える効果としては、

 

 

✔薄くなると履き心地がアップする

✔肩こりや腰、ひざの痛みなどを緩和させる

✔防臭や防菌効果

 

 

などのメリットが存在します。

純正のインソールと重ねて切り取るだけでピッタリのものが完成しますので、おすすめですよ。

 

 

その2:濡れた状態で中に詰め物を入れて自然乾燥させる

 

①スニーカーを全体を濡らし、水分を含ませる

②甲の幅が広がるよう、中に詰め物を入れる

③そのまま自然乾燥

 

 

という、3ステップ!

少し無理矢理な方法ですが、

 

エアハラチは、伸びる上質な素材を使用しているのでしっかりと甲の幅が広がってくれます。

 

詰め物は、木製のシューキーパーがベスト。

スニーカーの形が崩れる心配もなくなります。

 

 

👉Love-KANKEIシューキーパーレビューはこちら

 

その3:売って1サイズ上のものを再購入する

 

スニーカーはほとんどの場合、ジャストサイズを購入するべきではありません。

 

 

・同じ足長でも幅や高さが異なる

・靴下などで足のサイズは常に変わる

・サイズが小さいスニーカーはどうしようもない

 

 

などの理由があります。

何もスニーカーに限った話ではなく、

 

 

・ボトムス

・アウター

・Tシャツ

 

 

などなど、基本的に衣類はジャストサイズを避けて、「1サイズ上」を意識すべきなのです。

そのためにサイズ調整として、

 

・インソール

・ベルト

・インナー

 

が存在します。

 




エアハラチのサイズ感まとめ:きつい場合は1cm上がベスト

二宮一平
エアハラチに限った話でもありませんね!

 

きつい、ピッタリ感覚で履くスニーカーは特に注意しておきたい所です。

小さすぎたら取り返しのつかないことになってしまいます・・・。

 

・エアハラチは足にピッタリ設計なのできつい人もいる

・履き続ければ足になじんでくる素材を使用

・インソールを変更するなどの方法もアリ

・スニーカーは基本1センチ上を購入するべき

 

 

以上を踏まえながら、おすすめ人気モデルを選んでみてください。

 

 

👉エアハラチの種類・大人気おすすめモデルはこちら

 

最後までご覧いただきありがとうございました。