【ALLSTAR ブラックモノクローム ハイカット レビュー】天然皮革の高級感抜群モデル【履き心地・サイズ感】

こんにちは。ファッションカタログ「ジェントル館」運営の二宮一平(@ninomics)です。

 

当時バスケットシューズとして開発され、今や世界的な人気度を誇るオールスター

 

二宮一平二宮一平
累計販売数はなんと10億足を超え、今や世界一の売り上げを誇ります。

 

およそ100年以上も愛され続けている、まさしく生ける伝説。

そんな歴史的スニーカーであるブラックモノクローム ハイカットモデルを、徹底レビューいたします。

 

アッパーには上質な天然皮革を使用。

レザーのツヤ・光沢が美しく、長年に渡って愛用できる優れモノ。

 

ブラックモノクロームの魅力

✔天然皮革の圧倒的クオリティ

✔知名度&人気度が非常に高い

✔どんなコーデにも合わせられる万能型

 

スニーカーとしてのクオリティを最大限に詰め込んだ、まさしく一級品モデル。

ブラックモノクローム ハイカットの特徴・履き心地・コーディネート術をご覧ください。

 




オールスター ブラックモノクローム ハイカットの特徴

 

およそ4年間に渡って愛用中の、ブラックモノクローム ハイカット

レザーの光沢が美しく、まるでブーツのような存在感を発揮。

 

およそ2年間、月に4~5回程度の使用で、4~5mmほどソールが削れました。

意外にもソールは削れにくく、長持ちしてくれることを実感しています。

 

二宮一平二宮一平
また、比較的ソールが薄く設計されているため、長時間歩行には適していません。

 

機能性よりもファッション性特化のスニーカーであるため、無駄を省いたミニマルなデザインが魅力だと言えます。

 

夏は地面の熱によって、ラバーソールが柔らかくなるのを実感できます。

逆に冬はラバーソールが固まるなど、季節によって違った履き心地を楽しめるのも魅力の一つ。

 

内側部分には2つの通気口を搭載。

元はバスケットシューズとして開発されたことから、通気性に優れるのも特徴。

 

暑い夏の季節であっても蒸れにくく、内部に湿気が貯まりにくいため、嫌な臭いも起こりにくい設計になっています。

 

定番のオールスターロゴも、アッパーと同色のブラックでデザイン。

隅々にまで抜かりなく、徹底した高級感を追求しています。

 

二宮一平二宮一平
さらに大きな魅力は、履くたびに刻まれていく美しいシワ感・・・。

 

上質な天然皮革でしか味わえない経年劣化であり、自分だけの一足へと育てていく過程を楽しめます。

 

少しずつ、少しずつ、まるで年輪のようにシワが増えていきます。

履くたびに、足への優れたフィット感を実現してくれるのもメリット。

 

ブラックモノクローム ハイカットの魅力

・自分の足にフィットする履き心地

・天然皮革の経年劣化を楽しめる

・ツヤのある存在感をアピールできる

 

以上3つのメリットを得られるのは、ブラックモノクロームだけの特権。

汚れも目立ちにくく、長期に渡って愛用するにふさわしい一足です。

 

 

また、、ブラックモノクローム『ローカット版』のレビューはこちらの記事をどうぞ。

ハイカットとはまた違った、カジュアル感を楽しめる一足です。

👉ALL STAR ブラックモノクロームローカットのレビューはこちら




オールスター ブラックモノクローム ハイカットのお手入れ方法

レザーだからこそ、末永く愛用していくために欠かせないのが、日頃のお手入れ。

美しい状態を保つために欠かせない、簡単なお手入れ方法をご紹介いたします。

その1:レザーは汚れが落ちやすいため水洗いで十分

黒レザーの場合は汚れが目立ちにくく、

 

・ほこり

・砂や土の汚れ

 

などは、水洗いや雑巾などでの水拭きでも、十分に汚れを落とすことができます。

 

二宮一平二宮一平
レザー素材ならではのメリットだと言えます。

その2:きつい汚れはブラシと重曹を使ってこする

水洗いでも落とすことが不可能な場合は、スニーカー専用ブラシと重曹を使用して落とす方法がおすすめです。

馬毛ブラシだと毛先がより柔らかく、磨く際に無駄なキズをつけてしまう心配がありません。

 

 

重曹は、お料理でもよく「ふくらし粉」として使用するものでOK!

 

 

ブラシにしっかりと水を含ませ、重曹で汚れを浮かしつつ磨いていきます。

 

二宮一平二宮一平
ちなみに同じレザーである革靴も、同様の洗い方になります。

 

 

また、より詳しいスニーカーの洗い方については、こちらの記事もどうぞ。

レザーやキャンバス素材など、全スニーカーの洗い方を完全網羅しています。

👉スニーカーの洗い方の解説はこちら

乾かし方の注意点:天日干しは厳禁!!

よし!今日は天気が良いから外で干そうかな・・・!

 

と、思わずやってしまいがちですが、天日干しは絶対に厳禁です。

天然皮革という素材の性質上、

 

・日焼けをしてしまう

・素材が急激に痛んでしまう

・縮んでサイズが変化してしまう

 

といった、最悪な劣化を引き起こす危険性があります。

 

”自然素材の天然皮革は生き物である―。”

 

この特徴を胸に、まるで我が子のようにかわいがってあげてください。

また、保管の際には木製シューキーパーの使用がおすすめです。

 

 

・防カビ

・脱臭

・型崩れ防止

 

などの効果を発揮し、レザーの劣化を防ぐことにもつながります。

スニーカーはもちろん、革靴にも使用可能であり、持っておいて損はない便利アイテムです。

 

 

その他のおすすめシューキーパーブランドを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

高級レッドシダーを使用したものから、香りの良いクスノキ製など、上質なシューキーパーのみを厳選しています。

👉おすすめシューキーパーブランドはこちら




オールスター ブラックモノクローム ハイカットのデメリット

どんなに優れたアイテムであっても、デメリットは確実に存在するもの。

実際に愛用してきた経験から、感じたポイントをご紹介いたします。

デメリットその1:サイドの通気口から水がしみ込んでくる

冒頭でもご紹介した、オールスター全般に見られる、内側部分の通気口。

通気性を良くするための設計ですが、雨の日は水が浸入しやすいという特徴も。

 

二宮一平二宮一平
かといって、水たまりに入らなければ、それほど染み込んでくることもありません。

 

パラパラの小雨程度では、まったくの心配無用。

またどちらかと言えば、キャンバス素材に比べるとレザーは防水性に特化した素材であるため、シリーズの中では最も水を弾きやすいと言えます。

デメリットその2:ソールが薄いため長時間歩くと足が疲れやすい

 

こちらもオールスター全般に言えることですが、何よりソールが薄く設計されており、衝撃吸収性が低いという特徴があります。

長時間歩行での使用を考えていないため、

 

・足が疲れやすい

・夏は足の裏が熱くなる

・立ち仕事には向いていない

 

といったデメリットがあります。

 

足が痛みやすい方や、どうしても毎日長時間歩かなければならないような方は、1センチ上のサイズを選び、インソールの使用をおすすめします。

 

インソールはネットでも手軽に安く購入でき、足の形に合わせて切り取り、装着するだけでOK。

衝撃吸収素材のゲルを使用したタイプがおすすめです。

 

また、こちらの記事でもコンバーススニーカーで足が痛い場合の解決策を、より詳しくご紹介しています。

👉コンバースで足が痛い場合の解決策はこちら

 




オールスター ブラックモノクローム ハイカット のお手本コーデ術!

 

スタイリッシュなジャージパンツを合わせたストリートコーデ。

細身のパンツとも相性が良く、レザーの光沢が高級感を演出してくれます。

普段着のイメージであるジャージと、足元の存在感でギャップを作るのがポイントです。

 

太めのワイドパンツに、コンバースのハイカット黒レザーを合わせたカジュアルコーデ。

コーデの系統を選ばずに活用できるのもコンバーススニーカーにおける最大の特徴。

上半身でゆったりめな抜け感を作り、足元のレザーで高級感を演出してギャップを生み出しています。

 

RENさんの「タックバックリブカッティングロングスリーブTシャツ#(JOURNAL STANDARD relume)」を使ったコーディネート

少しワイドめのスラックスに、コンバースの黒レザーを合わせたシンプルなきれいめコーデ。

全身を無地アイテムで固めている、これといった特徴がないコーデの外しとして活用。

レザーの高級感を混ぜてあげることで、全身のシンプルさを大人っぽく仕上げてくれます。

 

nanouniverse難波STAFFさんの「Sheep Leather Sライダース(nano・universe)」を使ったコーディネート

レザージャケットにレザー製のコンバーススニーカーを合わせた、個性的なきれいめコーデ。

レザー素材で統一感を持たせ、独特な雰囲気と全身のモノトーンによる大人っぽさを演出。

カッチリとした印象を与え、大人っぽさに特化したい方におすすめのコーディネートです。

 

 

また、コンバースのハイカット&ローカットの比較や、おすすめのポイントを解説したこちらの記事もご覧ください。

黒レザー以外に、ナチュラルホワイトなどの特徴も解説しています!

👉コンバースおすすめモデルの解説はこちら




まとめ:まるで革靴のような高級感を味わえる逸品。

まさしく、革靴のような高級感と、スニーカーのカジュアル感をミックスした最強モデル。

 

二宮一平二宮一平
カジュアル・ストリートなど、あらゆるコーディネートに高級感をプラスできる一足です。

 

履くたびに足へなじんでいく感覚と、刻まれていくシワが美しい、個性光るスニーカー。

ぜひこの機会に、ブラックモノクローム ハイカットの素晴らしさを、あなた自身の手でお試しください。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。