メンズ古着の正しい選び方を徹底解説!【買うべきブランド・アイテムの状態・おすすめデザイン】の判断基準とは?

こんにちは。ファッションカタログ「ジェントル館」(@highend2038)です。

 

新品にはない独特の味や存在感を楽しめるファッションアイテム、古着

一点モノのヴィンテージ品や格安ブランド服など、希少価値の高いアイテムが豊富に揃っています。

しかしながら・・・

 

どう選んだら良いのか、イマイチ分からない・・・。

 

という悩み、まさしく古着あるあるですよね。

そこで本記事では、選ぶべきブランドやアイテムの状態など、古着の正しい選び方を徹底解説いたします。

 

上手な古着選びのポイント

✔状態の悪い物は選ばない

✔有名ヴィンテージブランドから選ぶ

✔ノーブランドはデザインに優れたものだけを選ぶ

✔特徴の無いファストブランドは買わない

 

以上4点を意識することで、末永く愛用できる、活用性に優れた古着を手に入れることができます。

 

また、ネットで便利に、そして手軽に古着を手に入れるならベクトルパークがおすすめ。

偽造品規制団体のAACDにも加盟しているため、安心安全にお宝アイテムを探すことができます。

ブランド古着通販のベクトルパーク
created by Rinker
VETOR PARK




正しい古着の選び方におけるポイント

たとえ古着と言えども、クオリティには徹底して追究したいところ。

そこで、絶対に失敗しない、正しい古着の選び方を解説いたします。

①状態の良い物だけをじっくりと見る

古着屋さんは、アイテム数が豊富で、細かく種類が分けられていない場合もあります。

その中でも良い物をサッと見つけるためのコツは、

 

二宮一平二宮一平
状態の良い物を、優先的に見ていくことがおすすめです。

 

中には「お宝アイテム」が隠されている可能性もあります。

 

特に注意して見るべきポイント

✔糸のほつれ・・・ニットやスウェットなど

✔日焼け具合・・・シャツやスニーカーなど

✔型崩れやシワの度合い・・・シャツやジャケットなど

 

以上を念入りに見ていくことが、最も重要なポイントです。

 

また、以前リサイクルショップで見つけたお宝アイテムのレビューはこちらの記事をご覧ください。

👉掘り出し物アイテムのレビューはこちら

②有名ヴィンテージブランドを中心に選ぶ

中でも人気が高いのは、アメリカンヴィンテージブランド。

 

有名なアメリカンヴィンテージブランド

Levi’s(リーバイス)・・・ジーンズなど

・EDWIN(エドウィン)・・・ジーンズ、Gジャンなど

・Schott(ショット)・・・レザージャケット

 

ジーンズやレザージャケットは味のあるヴィンテージアイテムが多く、最も狙い目だと言えます。

つまりは、

 

世界的な人気度&知名度があるアパレルブランドを中心に、ヴィンテージアイテムとしても人気が高い

 

ということが、判明します。

 

二宮一平二宮一平
他人が着ていた服でもありますが、何十年にも渡って愛用されてきたことを考えると、感慨深いものがありますよね・・・。

 

新品には到底実現できない、隠された魅力だと言えます。

 

また、おすすめのオンライン古着屋のご紹介は、こちらの記事をご覧ください。

👉おすすめのオンライン古着屋ランキングはこちら




メンズ古着の正しい選び方:アウター編

ベクトルパーク

古着アウターは、ブランド価値とアイテムの状態こそ、最も重視すべきポイント。

 

古着アウターのおすすめブランド

バブアーのジャケット

Schottのライダースジャケット

バーバリーのコート

・テーラー東洋、HOUSTONのスカジャン

・リーバイスのデニムジャケット

 

以上のブランドは定番中の定番であり、確実にゲットしておきたいところ。

比較的状態の良い物だと、1着3万円~5万円くらいが相場だと言えます。

 

二宮一平二宮一平
新品だとその3~4倍はするアイテムであるため、まさにお値打ち!だと断言します。

 

本革素材や綿100%のデニム素材も多く、たとえ古着であっても4~5年は確実に着用可能です。

 

メンズ古着の正しい選び方:シャツ編

古着シャツは、クオリティやブランド価値以上に、デザイン面を重視して選ぶ必要があります。

チェックシャツやワンポイントロゴシャツの人気が高く、一枚でも十分サマになる逸品が目白押し!

 

古着シャツのおすすめブランド

ペンドルトン

バーバリー

ラルフローレン

 

以上のブランドは元々のクオリティが非常に高く、厳選した上質な素材のみを使用しているのが特徴。

 

二宮一平二宮一平
状態の良い物も多く、耐久性・デザイン性に優れたアイテムを見つけることができます。

 

暖かい春先や秋はもちろん、寒い冬にはアウターのインナーとしても重宝するため、おすすめのアイテムと言えます。

 

メンズ古着の正しい選び方:Tシャツ編

古着Tシャツは、その他のトップスと違い、選び方の難易度が非常に高いアイテムです。

劣化が激しいものも多く、入念に品質を見ていく必要があります。

 

二宮一平二宮一平
特に首回りや袖口のシワやシミ、生地の伸び具合は、重要なチェックポイントです。

 

古着Tシャツでおすすめのアイテム

・当時の限定Tシャツ

・有名ブランドのコラボTシャツ

 

以上のアイテムは、古着として買うに値するTシャツ。

非常に限られたアイテムではありますが、重宝することは間違いありません。

 

 

また、古着で避けるべきアイテムはこちらの記事で解説しています。

👉買ってはいけない古着における特徴はこちら

メンズ古着の正しい選び方:ボトムス編

古着ボトムスの選び方は、「ブランド価値✖状態」をしっかりと見るのがポイント。

特にジーンズの場合は、新品で買うと1本数万円するようなアイテムも、古着だと数百円でゲットできるのが最大の魅力。

 

古着ジーンズのおすすめブランド

Levi’s(リーバイス)

Lee(リー)

EDWIN(エドウィン)

 

以上のブランドだと、状態にも優れ、お宝物の一本を手に入れることが可能。

古着だと新品にはないストレスフリーな履き心地を味わうことができ、即座に愛用の一本へと加えることができます。

 

また、古着通販「ベクトルパーク」だと、たとえ試着後であっても返品・交換可能。

サイズ感が不安なボトムスだからこそ、重宝することは間違いありません。

ブランド古着通販のベクトルパーク
created by Rinker
VETOR PARK

 

古着ジーンズの正しい選び方については、こちらの記事をご覧ください。

買うべき生地の状態や、実際に僕自身が購入した時の経験談もご紹介しています。

👉古着ジーンズの正しい選び方の解説はこちら

メンズ古着の正しい選び方:シューズ編

古着シューズは、やはり「ブランド価値✖状態」こそ最も重要なポイント。

スニーカーから革靴に至るまで、ほど良く履きならされた、味のある一足を見つけることができます。

 

古着シューズのおすすめブランド

コンバース

ナイキ

ドクターマーチン

 

また、新品では決して販売されていない、希少なUSA製スニーカーも豊富に揃っています。

日本製に比べて、デザインも一味違ったものが多く、個性満点な足元を実現可能です。

 

また、より多くの古着におけるおすすめメンズブランドを知りたい方は、こちらの記事にて徹底解説しています。

より良い物を抜群のコスパでゲットする方法や、古着でゲットすべきアイテムをご紹介していますので、どうぞ。

👉古着のおすすめブランドはこちら

 

古着を便利に手軽にするなら、ネット通販がおすすめ

二宮一平二宮一平
やはりネットだと、実際の品質も分かりにくいのが難点ですよね・・・。

 

その点、日本最大級の古着通販サイト『ベクトルパーク』なら、購入者にとって不安なポイントをすべてクリアしています。

 

アウトレットやハイブランド品も豊富に見つけることが可能。

全国に95店舗以上の実店舗も展開しているため、安心して購入できます。

 

アイテムの状態もS~Eという6段階で分かりやすく表示し、一目で分かりやすい設計に。

 

基本的には、Bランク以上のものを選ぶのがおすすめ。

比較的状態に優れたアイテムを、手に入れることができます。

 

また、偽造品規制団体のAACDにも加盟しているため、安心安全にお宝アイテムを探すことが可能。

ネットで古着を購入するならば、断トツでおすすめな通販サイトがベクトルパークです。

 

ブランド古着通販のベクトルパーク
created by Rinker
VETOR PARK

まとめ:「状態良好な有名ブランド」は100%失敗しない。

古着だからこそ、ブランドが売りにしている、高品質を頼りに選んでいくべきだと言えます。

まとめとしては、

 

古着の選び方まとめ

・有名ブランドアイテムを中心に

・状態の良い物を選ぶ

・ビビッときたデザイン性が良い物は買うべき

・古着のネット通販『ベクトルパーク』がおすすめ

 

以上ご紹介した基準を意識しながら、ぜひお宝アイテムを見つけてみてください!

ブランド古着通販のベクトルパーク
created by Rinker
VETOR PARK

 

その他のおすすめオンライン古着屋は、こちらの記事にて徹底比較しています。

👉オンライン古着屋ランキングはこちら

 

最後までご覧いただきありがとうございました。