【超解説】ジャストサイズのジーンズはきついのが当たり前!?選び方のコツを徹底解説します!

 

こんにちは!ファッションカタログ「High-end」(@highend2038)です。

 

一生モノアイテムとして知られている、男らしさを存分に感じさせるアイテム、「ジーンズ」

せっかく満を持して購入したのにこんな経験、したことありませんか・・・??

 

せっかくジーンズを買ったのに、サイズがきつい・・・。

 

なんとか履けるけど、下にしゃがめない・・・!!

 

などなど、自分に合ったサイズを選んだにも関わらず、履きずらいという虚しさ・・・。

しかも、

 

「店員がわざわざ、少しきついジャストサイズを勧めてきたのに・・・!!!」

 

ぶっちゃけ、お金を払う側としては、かなりムカつきますよね・・・。

そうなんです、あなたが感じている通り、そのサイズの選び方は大きく間違っているのです。

ジーンズのベストなサイズ選びは、

 

二宮一平
絶対に1サイズ上のものを選ぶべきなんです!!

 

そのために、「ベルト」というアイテムが存在するんですね!

そこで本記事では、

 

ジーンズのジャストサイズがきついのは当たり前!?1サイズ上のジーンズを選ぶべき理由や、効果的なベルトの活かし方について徹底解説いたします。

 

なぜ、ジャストサイズを選んではいけないのか。

それは、

 

✔自分自身の体型を知るのは自分だけ

✔小さすぎるとどうしようもない

✔大きい場合はベルトでサイズ調節可能

 

だからなんですね。

それでは、より詳しく解説していきます。




きついジャストサイズのジーンズを店員が勧めてくる4つの理由

店員さんにもそれなりの理由があるのです・・!!

 

しかし、その提案が合うお客もいれば合わない人もいます。

なぜそういった事実があるのにも関わらずジャストサイズを勧めてくるのか、

 

これからその謎を解き明かしてきます!!

 

理由その1:何回も履くと伸びる事を計算しているから

たしかに、ジーンズは履き続けると伸びていく生地です。

しかし、

 

「それまで履く方はガマンしていろと言うのか・・・・・!!」

 

と、感じてしまいますよね。

それもそのはず。

 

せっかく買ってすぐにでも履きたい新品のジーンズなのに、心地よく履けるのは数ヶ月先なんて何となく損した気分になってしまいます・・。

 

生地が伸びるまでの期間、誰しもストレスを感じながら履きたくはないはずですよね。

 

理由その2:あなたの下半身の体系を知らないから

店員が、あなたのウエスト以外のサイズを知ることは不可能です。

 

要するに、

 

ジャストサイズのジーンズを履くと、人によってはヒップや太ももあたりがキツイ!と感じてしまうのです・・・。

 

しかし、そんな恥ずかしいことをわざわざ店員に面と向かって言えませんよね・・。

これこそが、

 

あなたと店員の気持ちのすれ違い=コミュニケーション不足につながってしまう原因なのです。

 

無理をしてまでジャストサイズを買う必要は決してありません。

 

理由その3:補正してシルエットが崩れるのを防ぐため

 

 

特に、裾を補正するとシルエットが少し崩れてしまうのです・・。

 

しかし、

 

そんな細かい部分を気にするのは、服にくわしい店員さんのプロ根性からくるものがほとんど。

 

一般の人から見てシルエットが崩れているなど、見分けもつきません。

ですから、

 

余裕のあるサイズを選んでしっかりと補正を行ってください!!

 

ジーンズは一生モノのアイテムですから・・・。

 

理由その4:ベルトなしで履く方法があるから

 

ジャストサイズのジーンズだと、ベルト無しでも履くことができます。

サスペンダーを活用した「タックイン」というテクニックなのですが、

 

・足長効果

・スタイリッシュに見える

・大人っぽい雰囲気

 

などのメリットがあり、初心者でも決して難しいコーディネートではありません。

おすすめのサスペンダーとしては、「レザー製」の上質なブランドを選ぶこと。

 

(ビームスボーイ) BEAMS BOY GEVAERT BANDWEVERIJ/栃木レザー サスペンダー 13520030
BEAMS BOY(ビームスボーイ)

 

どれも、長持ちする素材であり、大人の風格を演出できます。

 

ベルト無しでジーンズを履くための、より詳しいテクニックについては、こちらの記事にて徹底解説しています。

👉ベルトをしないでジーンズを履くためのコツはこちら




ジーンズは絶対に1サイズ上を選ぶべき3つの理由

ジャストサイズのジーンズを選ぶメリットは、まったくもってありません。

あなたがガマンして履く必要はないのです。

 

 

しっかりと余裕のあるサイズを選ぶべき理由について解説いたします!

 

体型が変わっても対応できるから

 

1サイズ上か指2本分お腹に余裕があれば大丈夫です!!

 

すると、あなたの体型が変わったときなども臨機応変に対応できます。

逆に、

 

ジャストサイズや1サイズ下を選んでしまうと、食事の後などお腹がふくれた時にどうしようもありません・・・。

 

ウエストに余裕があるジーンズを履きこなす。

そのために、

 

ベルトという最強アイテムが存在しているのです!!

 

裾の補正さえしてもらえばOKだから

 

補正の他に、自分で切りっぱなしにする方法もあります!!

単に補正するよりも、

 

・オリジナリティが出る

・雰囲気が変わる

・補正費用もかからない

 

などのメリットがあります。

しかし、

 

買った直後のジーンズを切るのはさすがにもったいないので、しっかりと補正してもらいましょう。

 

飽きてきたら挑戦してみるのもアリですね!

 

洗濯するとかなり縮んでしまうから

ウエストは約6センチ縮んでしまうと言われています・・・。

 

そもそも、ジーンズはあまり洗うべきアイテムではありません。

だからと言って、

 

夏など汗をたくさんかくような時期に洗わないのも、清潔感がありませんよね・・・。

 

ですから、

 

洗うことをしっかりと想定した上で、1サイズ上のジーンズを選んでおくべきなのです!

 

あなたにとってメリットがあるのは、その方法しかありません。

 

また、より「高品質&一生モノ」である最上級ブランドのジーンズを、ほど良いサイズ感でゲットしたい方はこちらの記事にて徹底解説しています。

👉メンズの一生モノジーンズブランドの解説はこちら




大きめのジーンズはベルトでジャストサイズにしてしまえば大丈夫!

1サイズ上を選ぶのなら、ベルトを大活躍させましょう!

 

ジーンズに合った、最適なベルトを着用するべきです。

やはりピッタリなのは、

 

定番ながらどんな素材・生地のジーンズにも合う「革ベルト」一択です。

 

ただし、ベルトにもサイズがありますよね。

1サイズ上のジーンズを「しっかりと絞れる&サマになる」、というのが最も重要なポイント。

そんな特徴を完ぺきに備えたベルトを手に入れるには、

 

あなたにピッタリのベルトを、ミリ単位で測定しゲットするしかありません!

 

本格革製品ショップ「アートブラウン」なら、

 

アートブラウン 革小物 ベルトの店

 

・ベルトサイズ測定の解説付き

・1つ1つが職人による手作り

・お好きな名前を刻印可能!

 

などなど、一生モノとして使うには打ってつけのブランド!!

 

測定後は要望に応じて注文可能!☟

>>>「アートブラウン」公式サイトはこちら

 

アフターケアも充実しており、

 

・サイズ交換

・磨き直し&穴の開け直し

・初期不良品の無料対応

 

などなど、安心のサービス設計となっております!

 

くわしくはこちらをクリック☟

>>>本格革製品ショップアートブラウンのベルトを見る

 

お急ぎの方はこちらからどうぞ!☟

 

世界にただ1つだけの、あなたにピッタリなベルトを手に入れましょう。

 

また、超有名ブランドロゴ入りのおすすめベルトを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ディーゼルやコーチなど、紳士的な女子ウケ抜群のベルトをご紹介しています。

👉ブランドロゴ入りおすすめベルトの解説はこちら




ジーンズのサイズ選びまとめ:「1サイズ上✖ベルト」こそが完成形

ジーンズのサイズで悩むメンズはかなり多いのです!

 

かくいう僕自身も、ジャストサイズを購入して後悔した1人。

人間という生物である以上、

 

体型の変化は避けられません!!

 

それに対応できるサイズを選びましょう。

まとめとしては、

 

・店員はあなたの体型を細かく知らない

・絶対に1サイズ上を選ぶべき

・革ベルトでサイズを調整&雰囲気をアップデート!

 

特にベルトは必須アイテム。

一生モノを手に入れ、経年劣化を楽しみましょう!!

 

>>>本革製品ショップ「アートブラウン」はこちらをクリック

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。