【リーバイス501 レビュー】ブランド代表!人気No.1の鉄板ストレートジーンズ【色落ち具合・履き方講座】

リーバイス501レビューのタイトル画像

こんにちは。ファッションカタログ「High-end.」運営の二宮一平(@ninomics)です。

 

突然ですが、ここで質問です。

 

 

”あなたにとって「これが1番だ!」と思うジーンズって、何ですか??”

 

 

実はこの問題、スパッと答えられる人って意外に少ないのです。

なぜなら・・・・・・

 

 

二宮一平
どれも似たり寄ったりで、細かい違いってイマイチ分かりにくいんですよね!

 

 

すでにあなた史上No.1のジーンズを見つけられている人は、かなりの幸運。

しかし、それ以外の方もご安心ください。

 

 

リーバイス501の着用画像

本記事でご紹介するのが、こちらのリーバイス501

正真正銘、世界で1番有名なジーンズといっても過言ではない、まさしく最強の1本です。

 

 

✔美しいストレートシルエット

✔柔らかくストレスフリーな履き心地

✔リーバイス史上初のジーンズ

 

 

といった特徴を持っており、その知名度によって不動の地位を我が物にしているのです。

そんな奇跡的な1本であるリーバイス501を長らく愛用してきた経験から、超細かい部分までを徹底レビューいたします!

 




リーバイス501の特徴・サイズ感・色落ち具合

リーバイス501 ブラックデニム

こちらが、約4年間に渡って新品の状態から愛用してきた、リーバイス501

合計30回以上は洗濯してきたため、ほど良い色落ち具合を実感できるブラックデニムになります。

 

 

二宮一平
途中で自分なりの個性を加えたくて、裾を切りっぱなしに加工しました!

 

 

リーバイス501 ブラックデニムの切りっぱなし加工

専用の機械等は必要なく、裁ちばさみでバッサリと切り落とすだけの簡単加工。

糸のほつれがダンディーな味を演出してくれる、おすすめのテクニックです。

 

 

リーバイス501のツーホースタグ

リーバイスでおなじみ、ツーホース(2匹の馬)のパッチ。

しっかりと501の刻印がされている、およそMサイズの1本です。

 

 

リーバイス501のボタンフライ

昔ながらの雰囲気を感じさせる、ボタンフライを採用しています。

現代ではジッパーフライが代表的ですが、今でもなお歴史を大切にするリーバイスの姿勢に拍手!

 

 

二宮一平
ボタンフライだと、分かる人には分かる「通」な雰囲気を演出することができます。

 

 

ただ正直、便利さのみで言ってしまうとジッパーフライの方が上だというのは、ここだけの話です・・・w

 

 

リーバイス501の色落ち

股下にかけての色落ちが美しく、理想的な仕上がりになってくれるのが501の魅力。

生地のテカリも増してきて、新品にはない一風変わった高級感を演出してくれます。

 

 

リーバイス501を履いた後ろ姿

実際に履いた際の、後ろ姿をパシャリ。

テーパード加工も一切なく、上から下まで一直線を実現した全ジーンズにおける生みの親です。

 

リーバイス501の着用画像

適度にクシャっとなったシワ感も絶妙で、裾丈が少しだけ余るぐらいの長さがおすすめ。

スニーカーとサラッと合わせれば、大人のカジュアル感を思いっきり表現できます。

 

 

詳しいサイズ感ですが、あなたが普段から選んでいるサイズを基準に選んで大丈夫です。

 

 

二宮一平
僕は身長168センチの普通体型なので、Mサイズをセレクトしました!

 

裾に関しては、

 

 

✔折り曲げる

✔切りっぱなしに加工

✔補正してもらう(2,000円くらい)

 

 

などの方法がありますし、ジャストサイズを選べばダボつく心配もありません。

ぜひこの機会に、この世のジーンズ界をリードしてきた最強モデル、リーバイス501の魅力をお試しください。

 

 

また、リーバイス501をよりファッショナブルに変化させた人気モデル、505もおすすめです。

501と共に歴史的な1本として語られているモデルの解説は、こちらの記事をどうぞ。

👉リーバイス505レビューはこちら




リーバイス501のお手本コーデ術・履き方テクニック

 

かずくんさんの(order)を使ったコーディネート

リーバイス501のブラックデニムを、ハイウエストのタックインで着用したカジュアルコーデ。

足長効果・上級者感を実現できるのは、シンプルなストレートシルエットならではの魅力です。

 

 

Leeさんの(Royal Jean)を使ったコーディネート

裾を1回折り、ちょっとしたアクセントを感じさせる履き方。

スニーカーと合わせる際におすすめで、足元も同時に強調できるおしゃれ感抜群の履きこなし。

 

 

リーバイス STAFF MENさんの「LEVI'S(R) VINTAGE CLOTHING グラフィックTシャツ VILLAGE LAMBSWOOL(Levi's)」を使ったコーディネート

長めの丈感を男らしく折り曲げ、ローファーから靴下をチラ見せ。

清潔感と下半身に重たい雰囲気を与え、全身でまとまった雰囲気を魅せられる履き方です。

 

Yotchさんの(古着)を使ったコーディネート

ウォッシュドカラーの501を、ダボっとしたサイズ感でラフに履きこなした一枚。

全身をシンプルなアイテムでまとめる際に有効で、雑さを感じさせないのも501の特権です。

 

 

501をより太くアレンジした、ルーズなシルエットが特徴の503もおすすめ。

ゆったりとした大人の余裕を感じさせるモデルのレビューは、こちらの記事をどうぞ。

👉リーバイス503レビューはこちら




リーバイス501まとめ:ジーンズを語る上で絶対に欠かせない歴史的1本。

 

二宮一平
世界で初めてジーンズを世に提供した、まさしく王道の一本です!

 

 

✔美しいストレート

✔柔らかい生地感・履き心地

✔昔ながらのボタンフライ

 

 

全身を一気にこなれた印象へと仕上げてくれる、まさしく非の打ち所がないジーンズです。

毎日の服選びが楽しくなる、活用度100%のアイテムがリーバイス501だと断言します。

 

 

また、史上最高傑作のブーツカットモデル、リーバイス517もおすすめの一本!

詳しいレビューは、こちらの記事をどうぞ。

👉リーバイス517レビューはこちら

 

最後までご覧いただきありがとうございました。