ローテクスニーカーの履き心地をブランド別に徹底研究!実際に愛用した経験から語る【クッション性・フィット感・改善法】

こんにちは。スニーカー愛好家の二宮一平(@ninomics)です。

 

シンプルで、馴染みやすく、一切の無駄を省いた万能型アイテム「ローテクスニーカー」。

 

 

二宮一平
基本はラバーソールで設計されており、自然な履き心地を味わうことができます!

 

 

しかしながら、実際に履くのと聞いたのとでは、その感触が大きく違ってくることも多々ありますよね。

 

 

「足が疲れやすそう・・・。」

「ソールが固いイメージが・・・・。」

「素材がシンプルで、物足りなくはないかな??」

 

 

などなど、当たり前ですが悩みは尽きませんよね。(どうせ履くのなら損したくありませんし・・・)

そこで本記事では、

 

 

実際にローテクスニーカーを愛用した経験をもとに、その履き心地や使用感を徹底解説いたします。

 

 

ポイントは、ズバリ3つ。

 

 

①ブランドによってソールの厚さが違う(VANSは厚め)

②コンバースはインソールの使用がおすすめ

③ハイテクスニーカーよりも軽量で歩きやすい

 

 

これらのポイントを意識するのがコツ。

それでは、より詳しく解説していきます!

 

ちなみに、ローテクスニーカーおすすめモデルのご紹介は、こちらの記事をどうぞ。

👉最強のローテクスニーカーランキングはこちら




ローテクスニーカー全般の履き心地における3つのポイント

 

二宮一平
ローテクスニーカーとは言っても、その履き心地はブランドごとに天と地ほどの差があります。

 

一概に解説できない部分があるのですが、1つだけ断言するならば・・・・・

 

 

” ローテクには、ローテクならではの良さがある―。”

 

 

ということ。

そこで代表的なブランドのみに絞り、具体的な経験を交えながら解説していきます。

 

ポイントその1:「クッション性×個性」を求めるならVANS

こちらが、スケシューブランドとして名高いVANSのオールドスクール。

元々はスケートボード用のシューズとして生み出されたこともあり、他のブランドよりも1.5倍ほど厚いラバーソールが施されています。

 

 

そしてこちらが、同じくVANSのUSA製スリッポン。

 

人差し指の第二関節に到達しそうな勢いで、かなり厚く設計されています。

 

VANSには日本製とUSA製の2種類が存在しているのですが・・・・・・・

 

 

二宮一平
USA製は日本製よりも、非常に厚いソールであることが有名なんです!

 

 

スニーカー好きにとっては非常に嬉しい特徴でして、日本でゲットするならばAmazonや楽天などのネット通販で購入するしか方法がありません。

 

 

✓オールドスクール

✓スリッポン

 

 

どちらもブランドを代表するモデルであり、履き心地も非常に柔らかく、足全体をガッチリ包み込む感覚を味わうことが出来ます。

 

【VANSはこんな人向け】

✔分厚いソールのクッション性が欲しい方

✔足全体で抜群のフィット感を味わいたい方

 

 

ちなみに、2モデルのより詳しい履き心地の解説は、こちらの記事をどうぞ。

👉VANSオールドスクール履き心地の解説はこちら

 

👉VANSスリッポン履き心地の解説はこちら

 

ポイントその2:「軽量性×超豊富なデザイン性」を求めるならコンバース

 

二宮一平

コンバースはとにかく軽量で、「シンプル is the BEST!」を追求したブランドです。

 

 

✔基本的にソールが薄い

✔キャンバス素材が圧倒的な人気度を誇る

✔素材がシンプルでコストパフォーマンスに優れる

 

 

といった魅力を兼ね備えています。

 

こちらは、コンバースのALL STARハイカットモデル。

ブランドの堂々人気No.1を誇り、扱いやすさを売りにしています。

 

ラバーソールも薄く、長時間歩行には適しておりません。

しかし、スニーカーらしさ、という点では圧倒的な「無骨さ」という魅力を感じさせてくれます。

 

 

こちらは、ALL STARよりも少し厚めなラバーソールが特徴のジャックパーセル。

激しい動きや、ローカットらしい重厚感のあるモデルです。

 

コンバースには2種類の素材を使用したモデルが存在しています。

 

 

✔キャンバス素材・・・安価で自然な履き心地

✔レザー素材(天然皮革)・・・高級で柔らかい履き心地

 

 

どちらも一長一短な特徴を持っている訳ですが、おすすめはやはりキャンバス素材ですね。

コスパと、軽量性と、デザイン性で選びたい方に、ぜひ履いていただきたいモデルだと言えます。

 

 

また、コンバースのより詳しい履き心地の解説は、こちらの記事をご覧ください。

👉コンバースALL STARの履き心地はこちら

 

👉コンバースジャックパーセルの履き心地はこちら

 

ポイントその3:ハイテクスニーカーの履き心地にはどうしても劣ってしまう

 

これはもはや紛れもない事実であり、素直に受け入れるしかありません・・・・。

ハイテクスニーカーの特徴としては、

 

 

✔クッション性が圧倒的に高い

✔デザインが個性的で派手

✔コストパフォーマンスが悪い

 

 

という、メリットもデメリットも極端なのです。

ローテクスニーカーのほうが優れている!とは断言できないものの、

 

ハイテクにもローテクにも相反する特徴が存在し、あなたが求める履き心地に合ったスニーカーを選ぶべき。

 

こちらは、ハイテクスニーカーのナイキ エアハラチ。

フィット感が抜群で、まるで素足のような履き心地を与えてくれます。

 

 

・技術的にハイレベルなスニーカーを選ぶのか―。

・はたまた、シンプルで活用しやすい自然な感触のローテクを選ぶのか―。

 

 

困ったときに頼りになるのは、シンプルなデザインのローテクスニーカーだと言えます。

 

ハイテクスニーカーの代表的なおすすめモデルは、こちらの記事をどうぞ。

👉エアマックスのおすすめモデルはこちら

 

👉エアハラチのおすすめモデルはこちら




ローテクスニーカーの履き心地アップにはインソールの追加がおすすめ

 

 

ハイテクスニーカーに負けない履き心地を、どうしても実現したい!!

 

 

という方におすすめなのが、インソールを追加する方法

とは言うものの・・・・・・

 

 

二宮一平
しっかりと、自身のサイズに合ったインソールがあるのか気になりますよね・・・。

 

 

ご心配なく。

インソールは、届いたものを既に入っているソールのサイズに切り取るだけでOK!

 

難しい加工の必要もなく、超簡単にセッティングすることができます。

 

特に、コンバースのALL STARを履く際には、重宝しますよ。

 

 

ちなみに、コンバースで足が痛いときの対処法の解説は、こちらの記事をどうぞ。

👉コンバースで足が痛いときの解決策はこちら




ローテクスニーカーの履き心地まとめ

 

二宮一平
ハイテクにはハイテクの良さがあり、ローテクにもローテクならではの良さがあるのです。

 

 

それぞれが持つメリットを、分かりやすく表にまとめました。

 

良い戦いですよね。

非常に僅差ではありますが、ローテクスニーカーの方が総合的に有利なのです。

 

 

履き心地だけを見ると完敗ですが、他にも目を向けて頂きたい・・・・・。

スニーカー愛好家である僕自身、日々感じていることであります。

 

 

✔より自然な履き心地を楽しみたい!

✔コストパフォーマンスを重視したい!

✔幅広い活用方法を手に入れたい!

 

 

そんなあなたにおすすめな、ローテクスニーカー。

スニーカーライフをより美しく、楽しいものに進化させていきましょう!

 

【ソールが厚めのローテクブランド】

 

【ソールが薄めのローテクブランド】

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。