【スニーカーの相棒】おすすめメンズ靴下3種類を厳選【普通丈ソックス・アンクレットソックス・カバーソックス】

こんにちは。ファッションカタログ「ジェントル館」運営の二宮一平(@ninomics)です。

 

くるぶしからのチラ見せでアクセント的に活用したり、あえて無地のタイプで足長効果を狙うアイテム、靴下

いかにもファッションにおける脇役として扱われがちですが・・・

 

二宮一平二宮一平
靴下にもこだわりを持つことで、一気に足元へ上級者感をプラスすることができます。

 

そこで本記事では、3つの代表的なタイプのソックスをご紹介いたします。

 

本記事でご紹介するソックス

 




これさえあれば問題ナシ!メンズ靴下おすすめ3種類

二宮一平二宮一平
靴下とスニーカー、2つで1つと考えるのがポイントです。

 

両者の良さを最大限に引き出してくれる、おすすめの靴下をご紹介いたします。

種類その1:普通丈ソックス

まず最もスタンダードな靴下が、いわゆる普通丈ソックス

くるぶしよりも10~15センチ上の長さがあり、どんなコーデにも合わせやすく、ビジネスシーンでも重宝するアイテム。

 

二宮一平二宮一平
見た目がボトムスの裾と一体化するため、足長効果を狙うことができます。

 

ポイントは、普通丈のソックスとボトムスの色を同系色に合わせること。

 

にっしーさんの(にっしーoriginal)を使ったコーディネート

WEAR

インディゴのデニムと、同系色であるブラックのソックスを合わせた足元。

くるぶしと裾の境目がハッキリしないため、足長効果抜群の着こなしとして代表的。

加えてスニーカーも同系色に統一すると、もはや敵なし状態。

 

とっきーさんの「Hender Scheme pig shoulder big(Hender Scheme)」を使ったコーディネート

WEAR

薄いブルーのウォッシュドジーンズなら、ホワイトの普通丈ソックスが相性抜群。

淡い同系色で足長効果と、プラスして爽やかな足元を実現できる鉄板の組み合わせ。

 

逆に、靴下とボトムスの色を真逆にした場合・・・・・

 

DAISUKE.さんの「コットンツイル/デニム/ウール ドリズラージャケット2018AW(EMMA CLOTHES)」を使ったコーディネート

WEAR

黒スキニーと白の普通丈ソックスを合わせたコーデ。

ボトムスの裾と靴下の境目がハッキリしているため、足長効果を狙いにくい。

 

色の種類としては、

 

・ブラック

・ホワイト

・グレー

 

あたりを揃えておくと、あらゆるコーディネートに対応可能。

オールシーズン活躍してくれますし、ジーンズやスラックスを履く際には打ってつけのアイテムと言えます。

 

 

また、より爽やかなボトムスには、ウォッシュドジーンズが欠かせません・・・。

白ソックスとの相性も抜群で、一生モノの1本にふさわしいブランドは、こちらの記事にてご紹介しています。

👉一生モノのジーンズブランドはこちら

種類その2:くるぶし丈のアンクレットソックス

 

2つ目は、スニーカーソックスとも言われ、ちょうどくるぶし辺りの丈感を持っているアンクレットソックス

無地ではなく、ちょっとしたサイドラインなどをデザインしたタイプが多く、カジュアルに履きこなせる人気の靴下です。

 

二宮一平二宮一平
ハーフパンツと合わせるのに最適で、よりアクティブな印象を与えることができます。

 

コツは、ラインの入ったデザインを、くるぶしからチラ見せする方法。

 

MasaakiOoueさんの(私が勝ったら覚悟しなさいよー♬)を使ったコーディネート

WEAR

くるぶしからチラッと見えるぐらいの長さが特徴で、短パンとの相性もGOOD!

スタイリッシュなライン入りのタイプを履くと、個性的な足元を実現できます。

 

履き方も難しい靴下ではなく、どんなスニーカーとも合わせられ、着こなしに悩むことがありません。

 

なんとなく、今日のコーデ物足りないんだよなぁ~・・・。

 

なんて日にこそ重宝し、全身のおしゃれ度を格段にアップしてくれます。

 

 

ちなみに、アンクレットソックスにピッタリなスニーカーは、やっぱりローテクスニーカー。

カジュアルで軽々しい足元を実現できる1足は、こちらの記事にてご紹介しています。

👉最強のローテクスニーカーはこちら

種類その3:足首からは見えないカバーソックス

3つ目は、革靴を履く際に合わせるのがおすすめなカバーソックス

夏場などの暖かい時期に靴を素足で履くことに抵抗がある方へ、おすすめの靴下。

 

二宮一平二宮一平
薄く通気性の良い素材を使用しているため、夏場でも蒸れにくく、かつ短パンとの相性が抜群です。

 

男らしい涼しげな足元を実現でき、かつ清潔感もプラスできます。

 

MasaakiOoueさんの(HEY-SMITH の満(テナーサックス))を使ったコーディネート

WEAR

カバーソックスは外から見えない丈感であるため、デザインにこだわる必要はありません。

 

ガッツ‘石ころ’松さんの(GOODENOUGH)を使ったコーディネート

WEAR

ローファーなどとも相性が良く、靴下を履いていないように見せかけて履いている、といったイメージ。

男らしくくるぶしを全開にするスタイルは、幅広くメンズから愛されています。

 




メンズにおすすめの靴下まとめ:靴&靴下は2つで1つと考えるべき。

靴のおしゃれを追求することも大切ですが、合わせて靴下へのこだわりを持つように意識すると、おしゃれ度を一気に急上昇させることができます。

ただ、どんな靴下を選べば良いのか分からないという悩みもあるはず・・・・

 

本記事でご紹介したソックス

 

この3つさえ揃えておけば・・・・・

 

✔どんなボトムスにも合わせられる

✔オールシーズン活躍してくれる

✔様々な効果を得ることができる

 

といった最強の足元を実現でき、スニーカー自体のカッコ良さも8割増しで履きこなすことができます。

 

また、靴下との相性に優れた女子ウケ抜群なスポーツサンダルを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

爽やかでスポーティーな高級感抜群のブランドのみを厳選しています。

👉女子ウケ抜群なサンダルはこちら

 

最後までご覧いただきありがとうございました。