桃太郎ジーンズが圧倒的評判を呼んでいる3つの理由。ジーンズの聖地「岡山」が生んだ日本最高峰のデニムブランドを徹底解説!

こんにちは。ファッションカタログ「High-end」運営の二宮一平(@ninomics)です。

 

 

ジーンズの聖地「岡山県倉敷市児島」が生んだ、世界に誇る国産ブランド「桃太郎ジーンズ」

2006年に誕生し、まだまだ非常に若い歴史を持っているわけでありますが、その実力は折り紙付き・・・・・。

 

 

二宮一平
ジーンズの製造には、世界的に見ても数少ない旧式の織機を使用しており、すでにマニアからは絶賛されているブランドなのです!

 

 

 

 

カタカタカタカタ・・・・・・。

1点1点を職人による手作業で編んでいくシーンは、美しく、無駄のない、日本人として誇りを持つべき技術の結晶だと言えます。

そんな桃太郎ジーンズの評価としては、

 

 

✔品質は世界最高峰

✔ファッションの聖地・パリでも大人気

✔現状は、マニア向けブランドという立ち位置

 

 

などなど、まだ歴史が浅いという理由もあって知名度はそれほど高くありませんが、ジーンズマニアをうならせている存在なのです・・・。

それでは、そんな桃太郎ジーンズにおける評判・リアルなブランドイメージを、より詳しく解説していきます!

 

桃太郎ジーンズ

created by Rinker
桃太郎ジーンズ




桃太郎ジーンズが圧倒的評判を呼んでいる3つの理由

理由その1:旧式の織機を使用したセルビッチデニムだから

 

まず、ここだけは絶対に知っておいて欲しいポイントなのですが・・・・・

 

 

二宮一平
旧式の織機を使用したデニムは、すべて最高級のセルビッチデニムと呼ばれ、縫い目の部分に「赤耳」という証明的なものが残っています。

 

 

矢印の先が、いわゆる赤耳と呼ばれる部分。(縫い目の両サイドに残った白線のこと)

旧式の織機のみが残す特徴であり、当たり前ですが生産数も限られる逸品の証です。

 

 

桃太郎ジーンズ以外だと、

 

 

 

 

などなど、超有名ブランドでしか生産されておらず、格安ジーンズでは絶対に実現できないクオリティが存在しています。

 

 

じゃあ、一体普通のデニムとなにが違うんだろう・・・・・??

 

 

と、感じてしまうかと思います。

ぶっちゃけ、パッと見の印象や雰囲気には、あまり大きな差はないのが事実です。

しかし、

 

 

二宮一平
車で言えば、スカイラインかスカイラインGT-Rかで大きな差があるように、赤耳かそれ以外かでは雲泥の差があります。

 

 

裾をサッと折り曲げた際に見える赤耳が、あなたのコーディネートを大いにアップデートしてくれるのは間違いなく、分かる人には分かる通なポイントとして生きるのです。

 

 

上級者感をグッと増してくれる、一生モノのジーンズブランドのみに存在する特徴ですね!

 

理由その2:シルエット・色落ちが非常に美しいから

 

 

二宮一平
桃太郎ジーンズには、大きく分けて3種類のレーベルがあります!

 

 

レーベルと聞くと、どこか音楽業界のようなものをイメージしてしまいますが、いわゆるシルエット別の名前のことです。

 

 

✔銅丹LABEL・・・最も太めでゆったりめなシルエット

✔出陣LABEL・・・最も細めで美しいストレートシルエット

✔VINTAGE LABEL・・・ほど良い太さのストレート。ヴィンテージ感が特徴

 

 

それぞれ好みに合わせた魅力的な特徴を持っており、個人的には最も細めなシルエットがモダンな雰囲気を演出してくれる、出陣LABELがおすすめですね。

 

 

出陣LABELの色落ち後の写真。

ヒザやポケット、太もも辺りなどの色の落ち具合が美しいですね・・・・。

 

 

不自然な色落ちがなく、高級デニムならではの味が増していくのも楽しみの1つ。

 

 

ハタノさんの(CAMBER)を使ったコーディネート

WEAR

桃太郎ジーンズを活用したカジュアルコーデ。(太さからして出陣LABELですね!)

タイトなサイズ感と、しっかりとした濃い色合い、高級デニムならではの味を存分に感じられる逸品です。

 

 

スニーカーとの相性も抜群であり、どんな系統のコーディネートにもスッとなじんでくれます。

圧倒的な評判を得ているのも自然とうなづける、そんなブランドが桃太郎ジーンズなのです。

 

理由その3:ファッションの聖地・パリ民からその名が広がった

 

 

二宮一平
2013年に日本の安倍首相が、「フランスで大人気の桃太郎ジーンズ」という話をしたことから、その名が一気に広まりました。

 

 

日本の経済戦略を考えていく上で欠かせないのが、まさしく世界に誇る職人の技術。

桃太郎ジーンズがフランスで成功を収めているという事実は、一国の首相が注目するほどの存在となっており、日本にも大きく貢献しています。

 

 

旧式の織機は、世界でも数えるほどしか存在しません。

フランスで人気を博している理由は、その希少価値や織り方の精度など、要は「モノづくりに対する姿勢」なのかもしれませんね。

 

 

まだ知名度はそれほど高くありませんが、マニアをうならせるのも納得のブランド、桃太郎ジーンズ

今後の活躍にも期待できる、我々日本人が胸を張って履いていくべき存在なのです!

 

桃太郎ジーンズ

created by Rinker
桃太郎ジーンズ

 

また、フランス・パリ発のファッションブランド「A.P.C」のジーンズも最高ですよ。

おしゃれな人なら絶対に1本は持っている、と有名なアイテムのレビューはこちらの記事をどうぞ!

👉A.P.Cプチニュースタンダードレビューはこちら




桃太郎ジーンズの口コミ・評判・ブランドイメージをSNSから徹底調査!

 

 

二宮一平
よりリアルな口コミを調査するため、大人気SNSのTwitterから桃太郎ジーンズに関するツイートを探してみました!

 

 

一体どんなイメージがあるのか、気になるポイントをご覧ください。

 

 

などなど、とにかく多かったのが「大切に履いていこう」という声・・・・。

 

ジーンズを心から愛し、一生モノとして付き合っていけるアイテムだからこそ生まれる想いであり、デニムマニアから絶賛されるブランドであることは間違いありません。

 

 

✔あえて色落ちさせて楽しむ

✔つい買ってしまう魅力を持つ

✔最高の履き心地を提案してくれる

 

 

まさしく、非の打ち所がないブランドであり、あなたを確実に納得させてくれることでしょう。

ジーンズ選びで悩んでいる方におすすめしたい、長いファッション人生を共にするにふさわしい存在です!

 

桃太郎ジーンズ

created by Rinker
桃太郎ジーンズ




桃太郎ジーンズの評判まとめ ~ダサいイメージなど存在しない~

 

二宮一平
老舗の世界的ブランドにも引けを取らない、生粋の日本人らしさを持っているのが、桃太郎ジーンズというブランドの特徴です!

 

 

✔最高級のセルビッチデニムを使用

✔フランス・パリでの圧倒的な認知度

✔マニアを惚れさせる品質の高さ

 

 

どれを取っても最高級の名にふさわしい魅力と、モノづくりに対する愛と、度肝を抜くネーミングセンス・・・・・。

死ぬまでに履いておきたいブランド、といっても過言ではない存在です。

 

ぜひこの機会に、桃太郎ジーンズの魅力をあなた自身の手でお試しください!

 

桃太郎ジーンズ

created by Rinker
桃太郎ジーンズ

 

また、その他の一生モノと言えるジーンズブランドのご紹介は、こちらの記事をどうぞ。

桃太郎ジーンズにも負けず劣らずの海外ブランドなど、最高の履き心地を提供してくれるブランドのみを厳選しました!

👉一生モノジーンズブランドはこちら

 

👉古着ジーンズのおすすめブランドはこちら

 

👉A.P.Cジーンズのレビューはこちら

 

最後までご覧いただきありがとうございました。