これぞ男のロマン。ロレックスおすすめモデルBEST3 ~女子ウケ抜群モデルのみを厳選~

こんにちは。メンズファッションカタログ『ジェントル館』運営の二宮一平(@ninomics)です。

 

高級腕時計と言えば誰しもが思い浮かべるブランド、ロレックス

まさに男のロマンでもあり、そう簡単には手が届かないブランドでもあり。

 

二宮一平二宮一平
いざ手に入れるならば、周囲からの評判も優れたモデルが良いですよね!

 

心の内にたぎる主張を抑え、さりげなく控えめなアピールに徹する―。

そんなあなたの理想を叶えるロレックスを、本記事では3つのモデルに厳選してご紹介いたします。

 

大人のロレックス選び

・上品で清潔感溢れるシルバーカラーを選ぶ

・人気No.1の王道モデルは『サブマリーナ』一択

・シンプルなカジュアルコーデに合わせる

 

ビジネスのみならず、プライベートシーンもより良いものへと導く、女子ウケにも特化したモデルをご覧ください。

 




大人ファッションにハマるロレックスの選び方

正しいモデル選びさえ行えば、落ち着いた大人の印象を醸し出せるロレックス

そこで、絶対に失敗しない選び方を2ステップに分けてご紹介いたします。

STEP1.ケースサイズを選ぶ

ロレックスには計3種類のケースサイズが存在しており、それぞれ対象が異なります。

 

ロレックスのケースサイズ

①メンズ・・・35~44mm

②ボーイズ・・・30mm

③レディース・・・25~28mm

 

メンズ向けが大きく作られており、レディース向けは小さめのケースサイズに。

 

二宮一平二宮一平
存在感を重視する男性の心理面と、ミニマルな上品感を重視する女性の心理面が反映されていますね!

 

他のブランドでも同様の特徴が見られ、やはりメンズならば最も大きいケースサイズ(35~44㎜)を選ぶべき。

大きすぎず小さすぎず、適度なアピールが可能になります。

STEP2.目的別にモデルを選ぶ

ロレックス公式

ケースサイズ同様、3種類のモデルがシーン別に用意されています。

 

最も代表的な3タイプ

スポーツモデル・・・防水性能を兼ねたダイバーズウォッチなど

スタンダードモデル・・・シンプルデザインの最も日本人らしいタイプ

ドレスモデル・・・洗練されたゴージャス感でアピール可能なタイプ

 

中でもおすすめなのは、ビジネスシーンでも問題なく愛用できる①と②の2タイプ。

女性からも好印象を得やすく、シックなフォーマルコーデとも優れた相性を発揮してくれます。

 

二宮一平二宮一平
まさに大人のロレックスであり、人気度も非常に高いのが特徴です!

 

プライベートでの使用に限定するならば、③のドレスモデルでも問題なく愛用できます。




ロレックスおすすめモデルランキング3選

ひとたび身に着ければ、全身を極上の高級感で包み込むロレックス。

フォーマルなシーンでも重宝する『スポーツモデル・スタンダードモデル』に限定してご紹介いたします。

第1位:スポーツモデルの王道『サブマリーナ』

ロレックス公式

第1位は、耐久性・防水性に特化したダイバーズウォッチの決定版、サブマリーナ

スポーツモデルの中でも圧倒的な人気度を誇り、年齢を問わず愛されています。

 

二宮一平二宮一平
ロレックスの独自製法によってダイバーズウォッチを初めて世に広めた、ブランド史に残る先駆者モデルです。

 

楽天市場

日付機能の有るデイト』と搭載されていない『ノンデイト』の2種類展開

実用性の観点からもデイトの人気が高く、紳士的な印象を演出できます。

 

サブマリーナ デイトの魅力

・ブランド史に残る人気No.1スポーツモデル

・耐久性に特化した防水性能付きのダイバーズウォッチ

・オンオフ問わず愛用可能

 

トヨタで言えばクラウン、ロレックスで言えばサブマリーナ

物は違えど、与える印象に違いはない大人気王道モデルです。

ロレックス ROLEX サブマリーナ デイト 116610LN 新品 時計 メンズ

第2位:最高級スポーツモデル『コスモグラフ デイトナ』

ロレックス公式

第2位は、1963年にカーレーサー用のスポーツモデルとして開発された、コスモグラフデイトナ

通称『キング』とも呼ばれるほどの最高級モデルで、機能性にも抜かりない極上の逸品。

 

二宮一平二宮一平
ブランドの中でも圧倒的な知名度を誇り、まさしく価格もハイクラス!

 

楽天市場

モータースポーツの聖地、フロリダ州デイトナに敬意を表して名付けられたモデル。

タキメータベゼルによって平均速度を読み取ることができ、レーシングシーンに特化しています。

 

特に『資産価値』が抜群で、購入から10年以上経過してもなお、売却時にはそれ以上の値打ちがあることもしばしば。

 

コスモグラフ デイトナの魅力

・通称『キング』の最高級スポーツモデル

・実用性に長けたプロのカーレーサー仕様

・資産価値が非常に高い

 

まさにロレックスのエースと言っても差し支えない、史上最高級モデル。

身に着けるも良し、家宝として眠らせておくにも最適な逸品がコスモグラフ デイトナです。

ロレックス ROLEX コスモグラフ デイトナ 116500LN 新品 時計 メンズ

第3位:日本人の魂を呼び覚ます『オイスターパーペチュアル』

ロレックス公式

第3位は、世界初の防水腕時計として誕生したオイスターパーペチュアル

一切の無駄を省いた必要最低限の実用性が魅力のモデルで、時計としての純粋な性能を極限にまで追求。

 

二宮一平二宮一平
ブランドの中では比較的手が出しやすく、60万円~で購入できます。

 

楽天市場

どこかあのグランドセイコーとも似た印象を与える、シンプルなビジュアル。

日本人としての哲学的な美しさをも味わえる、大人のためのロレックスです。

 

オイスターパーペチュアルの魅力

・世界初の防水腕時計として誕生

・腕時計としての純粋な実用性を追求

・手が出しやすく、日本人としての理に叶ったモデル

 

資産価値としてはあまり評価されないものの、腕時計本来の性能を底上げさせたモデルがオイスターパーペチュアルです。

ロレックス ROLEX オイスター パーペチュアル 114300 新品 時計 メンズ

 

また、より日本人の理想を追求したモデル、グランドセイコーもおすすめ。

ビジネス・プライベート問わず、安心して愛用可能なモデルをご覧ください。

グランドセイコーおすすめモデルはこちら

ロレックスの気になる評判・ブランドイメージ

絶対的な地位を築いているロレックスですが、実際の評価・評判は気になるところ。

そこで、国内でも評判や口コミを、女子ウケの観点からも合わせてご紹介いたします。

憧れの腕時計ブランドとして君臨

王道『サブマリーナ』の人気はもちろん、圧倒的なファッションセンスを誇るロレックス

ブランド価値も非常に高く、まさに憧れの存在として君臨しています。

 

二宮一平二宮一平
愛用者も数多く、やはり資産目的での購入者も見受けられるのが特徴です。

 

ツイート内容まとめ

・圧倒的評判を誇る王道ブランド

・ブランド価値も一級品との評価

・人気No.1のサブマリーナは愛用者多数

 

ロレックスさえ選べば、必ずや格の違いを身にまとえることでしょう。

女子ウケへの勝機は、『活用法』にアリ

ロレックス公式

ブランドの評判については、一切の疑いの余地はないロレックス。

女子ウケのカギを握るのは、コーディネートへの上手な取り入れ方であると断言します。

 

二宮一平二宮一平
シンプルで大人なスタイリングへ、さりげなく合わせるのが効果的です。

 

派手な主張を抑え、控えめなアピールを行うことがポイント。

キーワードは、

 

『紳士的』

 

です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

hiroyuki(@rrl_alden)がシェアした投稿

プライベートでは、ジーンズを取り入れたカジュアルコーデへの活用もおすすめ。

ロレックスの高級感と、ラフなスタイリングとで存在感の調和を図ることができます。

 

ロレックスの女子ウケ活用法

・プライベートは、ラフなカジュアルコーデに

・ビジネスシーンは、シックなフォーマルコーデに

・シルバー、ブラック等のシンプルなモデル選びも重要

 

ロレックス本来の持ち味を最大限に活かす方法であり、女性からの好印象も得やすいテクニックです。

まとめ:圧倒的オーラを身に纏う時計界の覇者。

ロレックス公式

まさに男のロマンとして君臨し続けるブランド、ロレックス

実用性にも抜かりなく、あらゆるシーンで重宝するモデルが確実に揃っています。

 

二宮一平二宮一平
価格そのものもハイクラスですが、落ち着いた印象でまとめることがハイセンスへの近道です。

 

『(実はこれ、ロレックスなんだ。)』

 

はやる気持ちを胸に秘め、大人のアピールを楽しんでいきましょう!

 

本記事でご紹介したおすすめモデル

1位:人気No.1!王道『サブマリーナ』・・・ダイバーズウォッチの先駆者である大人気モデル

2位:最高級モデル『コスモグラフ デイトナ』・・・最もハイクラスで資産価値抜群の逸品

3位:THE シンプルモデル『オイスターパーペチュアル』・・・腕時計本来の実用性を追求した史上初の防水腕時計

 

その他の女子ウケ抜群なおすすめブランドは、こちらの記事をご覧ください。

女子ウケ抜群な腕時計ブランドはこちら

 

最後までご覧いただきありがとうございました。