絶対に成功する!正しいスニーカーの選び方マニュアル【ブランド・履き心地・サイズ感・デザイン性】における3つの大原則。

こんにちは。ファッションブログ「ジェントル館」運営の二宮一平(@ninomics)です。

 

二宮一平二宮一平
あなたは、スニーカーの選び方に正解・不正解が存在すると思いますか・・・??

 

一人一人に合ったブランドやモデル、間違いないデザインや履き心地を選ぶのって、かなり大変ですよね。

果たして、絶対に成功するための法則なんて存在するのでしょうか。

 

「答えは、間違いなくYES!!」

 

絶対に成功するスニーカー選びの方法

①まずは、スニーカーをタイプ別に選ぶ

②それに合ったブランドから選ぶ

③好みのデザイン性から最終判断を下す

 

これら3つのSTEPで吟味していくと、末永く愛用できる自慢の1足をゲットすることができます。

気になるけれど、誰も教えてくれないただしスニーカーの選び方。

 

今までに約20種類以上のスニーカーを愛用してきた経験から、あなたが絶対に失敗しないためのノウハウを大公開いたします。




正しいスニーカーの選び方:STEP1~「ローテク・ハイテク」の2タイプから選ぶ~

この世に存在するスニーカーはすべて、大きく2つの種類に分けることができます。

 

✔ローテクスニーカー・・・素材、機能性がシンプル

✔ハイテクスニーカー・・・素材、機能性ともにハイレベル

 

一見すると、ハイテクスニーカーの方が良さげに見えてしまいますが・・・・

 

二宮一平二宮一平
どちらのタイプにも、メリット・デメリットがしっかりと存在しています。

 

そこでまず、STEP1では大まかなタイプを選ぶためのコツをご覧ください。

 

ローテクスニーカーの特徴:カジュアルでコスパに優れる万能型

こちらが大人気ローテクスニーカー、コンバースオールスターのハイカットローカットモデル

大まかな特徴としては、

 

✔王道のキャンバス素材を使用

✔シンプルなラバーソールを使用

 

といった、1足5000円~でゲットできる、コストパフォーマンス抜群なタイプになります。

 

二宮一平二宮一平
カジュアルな印象を与え、どんなコーディネートにも自然と馴染む点が最大のメリットです。

 

kitsuneさんの「MEN ビッグシルエットポケ付きT(半袖)(ユニクロ)」を使ったコーディネート

ゆったりとした抜け感のあるコーディネートにピッタリ。

違和感のない、自然な大人っぽさを表現できるのもローテクスニーカーのメリット。

 

ローテクスニーカーを代表するブランドといえば、やはりコンバース一択。

男女共に人気度抜群な、万能型スニーカーだと言えます。

 

 

また、ローテクスニーカーに関連するこちらの記事も、ぜひご覧ください。

👉最強のおすすめローテクスニーカーはこちら

 

ハイテクスニーカーの特徴:ストリート感抜群な高級タイプ

こちらは、ハイテクスニーカーが代名詞のナイキが展開する大人気モデル、エアハラチ

見るからにゴツゴツとした見た目が印象的で、男心を絶妙にくすぐってくれます・・・・。

 

クッション性抜群なソールを採用。

足全体を柔らかく包み込むフィット感も最高な、超個性的モデル。

 

ハイテクスニーカーの全体的なポイントは、ズバリ3つ。

 

ハイテクスニーカーのポイント

✔高級素材を使用し、機能性に優れる

✔1足10,000円~が相場の高級タイプ

✔デザインが目立ちすぎるため、活用の幅は狭い

 

bananaさんの(古着)を使ったコーディネート

どちらかと言えば、ファッション歴の長い上級者向けタイプ。

あえてカジュアルなコーデの外しとして使うテクニックもありますが、基本はストリートコーデに使用します。

 

二宮一平二宮一平
個人的にはハイテクスニーカーが好みですが、やはり「活用性」の点には欠けてしまいます。

 

ローテク、ハイテク、どちらにも良い点・悪い点は存在します。

2つの特徴をまとめた表がこちら。

 

ローテクとハイテクの比較表
ローテクスニーカー ハイテクスニーカー
機能性

素材が簡素でクッション性等は低い

長時間の歩行では疲れを感じやすいのが特徴。

高価な素材を使用しており、履き心地に優れる

長時間歩行でも疲れにくく、足に優しい。

コスパ

全体的にシンプルでコスパに優れる

派手さには欠けるものの、パーツ等シンプルで価格帯も低め。

豪華さが売りであり、コスパは悪い

高価な装飾を施し、必然的に価格帯も高くなる。

寿命

パーツが少なく、意外にも破れにくい

シンプルで必要最低限のメリットは、耐久性に優れるという点。

豊富なパーツを使用しており、破れやすい

複雑なデザインやパーツのつなぎ目は、破れの原因にも。

 

驚くかと思いますが、より長持ちし、寿命が長いのはローテクスニーカー。

 

たしかに高級で豪華なのはハイテクスニーカーなのですが、ローテクスニーカーは逆に汚れや色落ちなどが、絶妙な「味」として機能してくれます。

 

👉おすすめのローテクスニーカーはこちら




正しいスニーカーの選び方:STEP2~タイプ別に合ったブランドを選ぶ~

二宮一平二宮一平
そして次なるSTEPは、それぞれのタイプ別に合ったブランドを選定することです。

 

たしかに、どんなブランドでもハイテク、ローテクのどちらも販売しています。

しかしながら、

 

ブランドには、そのブランドとしてのイメージや人気のモデルというものがすでに確立しており、買うべきスニーカーというものが絶対に存在しています。

 

例えば、わざわざベンツの軽自動車に乗る人って、あまりいませんよね。(否定するわけではありませんが)

そこで、あなたが選ぶべきブランドというものを詳しく解説していきます。

 

ローテクスニーカーといえば~コンバース・VANS・アディダス~

コンバースVANSアディダスという3つの定番ブランドはすべて、ローテクスニーカーの「親」といっても過言ではありません。

 

✔コンバース・・・ALL STARなど

✔VANS・・・オールドスクールスリッポンなど

✔アディダス・・・スタンスミスなど

 

どれも世界中で抜群の人気度を誇るスニーカーを展開し、コストパフォーマンスに優れています。

 

スタンスミスは世界で1番売れたスニーカーとして公式ギネスにも認定。

ローテクの旨味をギュッと凝縮したモデル。

 

VANSの超人気モデルの、オールドスクール

デザイン的にはストリート向きですが、1足7,000円~でゲットできます。

 

二宮一平二宮一平
ちなみに個人的なおすすめは、やはりコンバースです。

 

価格も圧倒的に安く、活用性が幅広いスニーカーが豊富なブランド。

カラーも様々なものが用意されており、何足あっても損することはありません。

 

手に入れやすく、迷った時の救世主になってくれるのがローテクスニーカーのポイント。

 

✔コンバース

✔VANS

✔アディダス

 

これら御三家からブランドを選ぶのは、もはや必然であると断言します。

 

 

ちなみに、それぞれのブランドにおける、おすすめモデルの解説はこちらの記事をどうぞ。

👉コンバースの種類・違いの解説はこちら

 

👉VANSオールドスクールの種類の解説はこちら

 

👉VANSのスケシューおすすめモデルはこちら

 

👉スタンスミスおすすめモデルの解説はこちら

 

ハイテクスニーカーといえば~ナイキ・リーボック~

ナイキリーボックが展開するスニーカーは、総じてハイテクスニーカーの人気度が凄まじいことで有名。

 

✔ナイキ・・・エアマックス、エアハラチ、ジョーダンなど

✔リーボック・・・ポンプフューリーなど

 

二宮一平二宮一平
どちらかと言えば、ナイキの方が断トツ1位の存在感を誇っています。

 

ナイキのエアハラチを活用した、ストリートコーデ。

足元の個性がハンパなく、全身の雰囲気を圧倒的なオーラで包み込んでくれます・・・。

 

 

そしてこちらが、リーボックのポンプフューリー

ハイテクスニーカー界のエースともいえますし、長らく愛され続けています。

 

個性と、高級さと、上級者特有の雰囲気を味わうには欠かせない両ブランド。

ローテクスニーカーにはない風を吹かせてくれる、数少ない貴重な存在です。

 

 

ちなみに、おすすめのナイキ・リーボックに関する記事は、こちらをどうぞ。

👉ナイキエアマックスおすすめモデルはこちら

 

👉ナイキエアハラチおすすめモデルはこちら

 

👉リーボックポンプフューリーのおすすめモデルはこちら




絶対に成功するスニーカーの選び方まとめ

二宮一平二宮一平
しっかりと順を追ってスニーカーを選ぶと、必ず納得のいく1足に出会うことができます。

 

以前は、僕自身もスニーカー選びで何度も失敗してきた経験があります・・・・・。

 

「なんとなく、思っていたのと違うな・・・。」

「やっぱり、シンプルなモデルにすればよかった・・・。」

「イマイチ、活用の仕方が分からない・・・。」

 

こういった経験を何度も何度も繰り返し、たどり着いたのが本記事のノウハウです。

まとめとしては、

 

スニーカーの選び方まとめ

①ローテク&ハイテクからタイプを選ぶ

②そのタイプに合ったブランドを選ぶ

③そのブランドから好きなモデルを選ぶ

 

ちなみに、サイズ感としては全ブランド共通、「0.5センチ上」を選ぶと絶対に失敗しません。(適度な余裕を持たせられます)

ぜひ、あなたにとって満足のいくスニーカーをゲットしてみてください。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。