【実体験】中古スニーカーってぶっちゃけどうなの!?メリット・デメリットを徹底解説します!

こんにちは。ファッションカタログ「High-end」運営の二宮一平(@ninomics)です。

 

あなたは中古スニーカーに対して、どんな印象を持っていますか・・・??

 

 

やっぱり中古という時点でどうかと思うよ・・・。

 

 

という考えもあれば、

 

 

いや、中古でもしっかり選べば良いスニーカーはあるよ!!

 

 

という意見もあるでしょう。

そこで本記事では、中古スニーカーを買う際に注意するべき落とし穴について徹底解説いたします。

 

買うなら中古か、新品か。

結論としては、

 

 

✔中古でも状態が良ければ問題ナシ

✔古着屋の靴はすべて消毒済み

✔それでも不安なら自宅で簡単に洗うことも可能

 

 

という3つがポイントで、中古だからといって気を付けるべきことは何もありません。

くわしい理由や、注意点を解説していきます!

 

 

また、中古スニーカーを買うなら、超便利なネット通販ベクトルパークの利用がおすすめ。

商品の状態もS~Eの6段階で表記されており、万が一満足いかなくとも届いて5日間は返品することができます。

 

ブランド古着通販のベクトルパーク
created by Rinker
VETOR PARK




中古スニーカーを買う際のメリット2つ

 

まずは、スニーカーを中古でゲットする際のメリットを解説します。

具体的には、

 

・値段

・希少性

 

など、新品にはない特徴が古着商品には存在しているのです。

 

メリットその1:値段が圧倒的に安い

 

 

例えばこちらのスニーカー☟

アディダスの「スタンスミス」という、定価約9000円のスニーカーです。

これをヤフーオークションで探してみると・・・・

 

 

およそ2000~5000円台が落札相場になります。

このように、

 

中古スニーカーは新品と比べ、圧倒的に安くで手に入れることが可能なのです。

 

メリットその2:レア物が見つかる可能性がある

古着屋さんなんかに行くと分かりやすいでしょう。

 

 

ん・・・なんだこんなスニーカー見たことないな・・・??

 

 

という、レアな1点物をたくさん見つけることができます。

なぜなら、

 

 

・海外で仕入れる

・長年大事にされてきたレトロなもの

 

 

が、出回っているから・・・。

決して値段が安いものとは限りませんが、新品にはない、希少価値の高い中古スニーカーと、奇跡の出会いを果たすことができます。

 

おすすめの古着ネット通販サイト、ベクトルパークについてはこちらの記事をご覧ください。

👉ベクトルパークの利用方法・口コミの解説はこちら




中古スニーカーを買う際に注意しなければいけない3つのリスク

特に注意しておかなければならないのが、

 

 

・安いからといって安易に手を出す

・出品者を全面的に信じる

 

 

という、非常にリスクのある行為・・・。

実際に古着専門ショップなどで購入する場合は別ですが、

 

 

・フリマアプリ

・オークション

 

 

などの個人間売買が、近年大流行しています。

誰でも気軽に古着を販売できる反面、やろうと思えばどんなウソでもつくことが出来てしまうということ・・・。

法律に触れない程度のウソでも、買う側からすると大損をこいてしまいます。

 

リスクその1:水虫に感染してしまう可能性がある

 

 

二宮一平
出品者が水虫感染者かどうかなんてわかりっこありません・・・。

 

 

水虫は、感染者の使用したものにそのまま触れてしまうと、簡単にうつってしまう病気です。

出品者が洗っていればまったく問題ないのですが、

 

 

・洗ったかどうか分からない

・そのまま出品する人が多い

 

 

というのが現実です・・・。

個人間のやり取りにはリスクが伴うことを理解しておきましょう。

その点、古着通販サイトを利用すれば、

 

 

・すべて殺菌、消毒済み

・企業のため個人よりも信用を重視している

 

 

といった特徴を持っており、安心して中古スニーカーを手に入れることができます。

 

リスクその2:ニセモノブランドの危険性がある

 

 

良く見かけるのが、

 

・限定品スニーカー

・大流行したデザインのスニーカー

 

などです。

新品スニーカーもニセモノが出回ったりすることがあります。

中古だと、

 

特に注意して購入しなければ、偽ブランドをつかまされる可能性が高いでしょう・・・。

 

ホンモノかどうか見極めることができれば大丈夫ですが、

 

二宮一平
それなりの知識がなければ、非常に困難な作業となります・・・。

 

ムカつく思いをしないためには、アマゾンなどの正規店から安心して購入することをおすすめします。

 

リスクその3:中古スニーカーの状態は出品者の主観でしかない

 

 

・ほど良い照明の下で

・画像加工をせず

・全角度や細部まで

 

 

を、しっかりと撮影されている場合は別です。

しかし、

 

近年はさまざまな高機能画像加工アプリが大流行しており、その写真がしっかりと本当の状態を映しているのかを判別することは、まず無理です。

 

簡単に判断することができないため、

 

 

・出品者の過去の評価

・くわしい説明

 

 

も、合わせて判断する必要があります。

出品者が、「色あせはあまり気にならない程度です」と言っても、

 

それはその人の主観であって、本当はもっと色落ちしているかもしれないし、していないかもしれない

 

というリスクを常に考えておきましょう。

以上、結論としては、

 

 

✔中古スニーカーを買うなら古着通販サイトを利用する

✔それでも不安な場合はAmazon・楽天などで新品で確実な正規品を買う

 

 

ということになります。

フリマアプリは便利な反面、相応のリスクが伴うことを理解したうえで利用しましょう。

 

ブランド古着通販のベクトルパーク
created by Rinker
VETOR PARK

 

国内最大級の古着通販サイト、ベクトルパークの利用方法・口コミはこちらからどうぞ。

👉ベクトルパークの詳しい解説はこちら




実際に中古スニーカーを購入して体験した過去のリアルな体験談3つ

 

その1:写真で見たときより色褪せがひどかった

 

これは、もうウソをつかれるとどうしようもない部分です。

 

 

・画像加工

・照明の照らし具合

 

 

などなど、いくらでもバレないようにすることが可能です。

僕は緑のコンバースというスニーカーを購入したのですが・・・

 

 

二宮一平
むちゃくちゃ色褪せてるやん・・・!!!

 

 

むしろ、白みがかった抹茶色のようでした。

あまり高い物でなかったから良いのですが、これがもし高価な物だったらと想像するだけで、ゾッとします・・・。

 

その2:靴底が写真よりもひどくすり減っていた

 

と、いいますか・・・。

これは、もはや自分のミスでもあります。

 

 

・靴底のハッキリとした写真が無かった

・説明文にはあまりすり減っていないとあった

・靴底以外はかなりキレイだった

 

 

と、完全にダマされたんですね・・・。

超欲しいスニーカーだったので、靴底がすり減っていても買っていたと思います・・・。

 

正直に言ってほしかったですね・・・ガクリ。

 

その3:実際のサイズよりも靴自体が大きくなっていた

 

これはどういうことかと言いますと・・・・。

靴って長年履いていると、履く人の足になじんできますよね??

そうなんです、

 

あの足になじむという効果が、僕にとっては実際のサイズよりも大きくなってしまっていたんですね・・・。

 

見た目はキレイでした。

ただ、

 

最初から自分の足に合っていない靴というのは、かなりテンションガタ落ちです。

1番ショックな体験でした・・・。

 

これら3つの経験から、個人間売買のフリマサイトはもう使わないと決心しました・・・・。




まとめ:新品はAmazon・楽天、中古は古着通販サイトで購入しましょう!

以上をご覧いただき、中古スニーカーの落とし穴について述べさせていただきました。

正直に言いますと、

 

 

・流行っている

・使いやすい

・出品者を何となく信じる

 

 

という3つのリスクを抱えてまで、フリマアプリで中古スニーカーを買うべきではありません。

安心して手に入れるならば、個人ではなく、信用第一の企業が運営する古着のネット通販サイトを活用しましょう。

おすすめは、圧倒的にベクトルパークです!

 

ブランド古着通販のベクトルパーク
created by Rinker
VETOR PARK

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。