【VANSオールドスクール】種類やその違いを徹底解説!日本企画・USA企画はどう違うの?【特徴・人気モデル・コーデ術】

こんにちは!ファッションカタログ「High-end.」運営の二宮一平(@ninomics)です。

 

今やストリートシーンの重要な存在として、若者を中心に幅広い人気を誇る「VANSスニーカー」

その中でも、

 

OLD SKOOL(オールドスクール)は最も人気のあるモデルで、両サイドにかけて描かれたサイドラインが特徴的なスニーカーです。

 

また、そのOLD SKOOL(オールドスクール)の中にも種類が存在し、

 

・日本企画

・USA企画

 

と、その違いを理解できていない方も多いはず・・・。

 

パット見じゃまったくもって分かりにくいですよね・・・。

 

そこで本記事では、VANSオールドスクールの種類を徹底解説!日本企画・USA企画の違いやおすすめカラーもあわせてご紹介します。

 

とにもかくにもカッコ良いスニーカーなので、ぜひ手に入れたいところ。

オールドスクールの徹底解剖です!

 

 




VANSオールドスクールは「日本企画・USA企画」の2種類が存在する

まず、この2種類の違いを大まかに解説すると、

 

・日本企画=ABCマートとのコラボモデル

・USA企画=VANSの本拠地アメリカで生産された純正モデル

 

ということ。

要するにVANSオールドスクールは、日本でより売れやすくするためにABCマートとのコラボを行い、独自のデザインや素材を用いて生産・販売を行っているということです。

 

・日本人に合った形

・日本で取れやすい素材

 

などを使用して設計されているため、日本企画は少しだけ価格も安く抑えられています。

そしてデザイン的な違いを見ていくと・・・・

 

 

このように、日本企画はUSA企画に比べて全体的に「太く・重み」のあるようなデザインで、サイドラインも太め。

代わってUSA企画は、

 

全体がよりスタイリッシュなデザインをしており、サイドラインやシューレース(靴ひも)部分の幅が狭いことも見て取れるかと・・・。

 

どちらが良いということはありませんが、おすすめは圧倒的に「USA企画」

シンプルにカッコ良いというのもありますが、また純正モデルということもあり、

 

スニーカー好きならば、絶対にUSA企画の並行輸入品を「Amazon・楽天」などの通販でゲットするほどの大人気モデルです。

 

車で例えればわかりやすいですよね・・・!!

 

純正というのは、それほどの価値があるのです・・・。




VANSオールドスクール(USA企画)のおすすめカラー・デザイン3種類

 

先ほどご紹介した3種類のうち、「USA企画のみ」をご紹介していきます。

シンプルに、

 

・カッコ良い

・通販でしか手に入らない

・本気でおすすめできる

 

のはUSA企画だけ、だからです・・・!

ただ、

 

・デザインより履き心地

・純正よりABCマート

・日本人に合った設計が良い

 

という方にはおすすめできませんので、あらかじめご了承ください。。

 

第1位:スタンダードな「白×黒のオールドスクール」

 

先ほどもご紹介しましたが、最もスタンダードで人気No.1のカラーです。

シンプルで、一切無駄のないデザインが特徴的。

また、

 

・色んなパンツと合わせやすい

・足元をスタイリッシュにできる

 

などなど、ストリートシーンにおいても非常に重宝されている1足。

個性的なデザイン好きな方には向いていませんが、

 

シンプルで大人めな印象のデザインは、ストリートコーデの子供っぽさを一気にアップグレードしてくれます。

 

 

靴底の色と、アッパー全体の色との相性も抜群で、スケートボード用にも最適!

黒なので汚れが目立ちにくい、というメリットもあります。

僕自身も愛用していますが、

 

厚底で歩き疲れしにくく、デニム・スラックスなど色んなパンツとも合うのでかなり良いです・・・。

 

ぜひ、あなたの足でもお試しください!

 

※大人気モデルのため数には限りございます。

 

第2位:個性的なデザインを求める方へ「白×黒のチェック柄」

 

先ほどのスタンダードなカラーとは打って変わって、超個性的かつ圧倒的な存在感を誇るカラー。

チェック柄のスニーカー自体が珍しいので、

 

・周りとの差別化

・足元へのこだわり

・コーデのインパクト

 

を、見る者に与えることができます。

 

 

オールドスクールの中でも際立って個性的なデザインのため、

 

・強めのストリートコーデに見える

・無地のパンツとしか合わない

・スニーカー以外をシンプルに抑える必要がある

 

など、チェック柄によって他のアイテムが限定されてしまう、といったデメリットもあります。

ただ、

 

個人的にはスニーカーメインのコーデもありかと。女性は男性の足元を見ている生き物ですし、個性も出すことができて周囲との差別化を図れるのはそれ以上に大きいメリットです。

 

ぜひ、あなたの足でお試しください!

 

※大人気モデルのため数には限りございます。

 

第3位:カジュアルに履きこなしたい方へ「シンプルな黒×ネイビー」

 

オールドスクールは、カラー1つで雰囲気がガラッと変わりますね・・・!

 

こちらはその中でも、よりカジュアルに履くことのできる、「黒×ネイビー色」。

合わせられるパンツも幅広く、

 

・デニム

・スラックス

・ジャージ

・ハーフパンツ

 

などなど、とにかく使い勝手が良い部分がポイント。

 

ただ、ご紹介してきた1位と2位のデザイン的な良い部分だけを取ったようなタイプであるため、個性には若干欠けてしまうかと・・。

良くも悪くも中立的なカラーのため、

 

・個性

・インパクト

・存在感

 

という意味では、選ぶべきカラーではありません。

ただし、コテコテのストリートコーデよりも少しカジュアルめなコーデが好きだ!という方にはピッタリです!

コーデの幅も広がることでしょう。

 

ぜひ、あなたの足でお試しください!

 

 

また、オールドスクールのしっかりとしたサイズ感・履き心地を、より詳しく知りたいあなたはこちらの記事をご覧ください。

ソールの厚さや、具体的なサイズ選びの方法を徹底解説しています。

👉オールドスクールのサイズ感・履き心地の解説はこちら




VANSオールドスクールを活用したお手本コーデ術!

 

kutir_menさんの「フェイクスウェードワイドシャツ オープンカラーシャツスウェード風(kutir)」を使ったコーディネート

WEAR

スタンダードな「黒×白」のオールドスクールを活用した、少しカジュアルめのストリートコーデ。

チェック柄のパンツとも相性抜群で、上半身とのカラーの統一感もGOOD!

メインはパンツですが、足元へのこだわりもさりげなく感じられる、スタンダードさを活かした爽やかコーデ。

 

タレスさんの「チェックホッケーシャツ(WHO'S WHO gallery)」を使ったコーディネート

WEAR

こちらも同じく、スタンダードなオールドスクールを活かした若干ストリートを感じさせるカジュアルコーデ。

黒スキニーとの相性が抜群で、下半身をシンプルにさせすぎないためのスニーカーとして使えます。

足元に1アクセント欲しい!そんなときに重宝するカラー。

 

KODAIさんの(H&M)を使ったコーディネート

WEAR

個性的なチェック柄のオールドスクールを活用した、足元がメインの大人ストリートコーデ。

やはりスニーカーの存在感が抜群で、他をシンプルなブラックに抑える必要あり。

その分、圧倒的なインパクトをコーデ全体にスニーカーが与えてくれるので、コーディネートは楽になる逸品。

 

きいちさんの(MOSCOT)を使ったコーディネート

WEAR

ネイビーのカジュアルなオールドスクールを活用した、爽やかなあシンプルコーデ。

チェックパンツとの相性もそうだが、全体的な明るさを重要視すべきスニーカーなことは間違いなし。

カジュアルに履ける分、無駄を省いたコーディネートを心がけるべき1足です。




VANSオールドスクールの種類まとめ:スニーカー好きには絶対USA企画を履いて欲しい!

大してこだわりなんか無いしなぁ・・・。

 

という方は別ですが、

 

日本でゲットすることができないモデル、という希少価値など自慢できる部分はたくさんありますし、何よりこだわりが感じられてファッションにもより一層打ち込めることは間違いありません。

 

・スタイリッシュなデザイン

・希少価値

・個性的な見た目

 

を、ぜひあなたの足元で実現させてみてはいかがでしょうか・・・??

 

※すべて大人気モデルのため数には限りがございます。

 

また、カジュアルできれいめ寄りのデザインが特徴で、オンオフ兼用できる万能型の黒スリッポンもおすすめ!

愛用歴約2年の経験から、特徴や履き心地を徹底解説しているこちらの記事もどうぞ。

👉バンス黒スリッポンのレビューはこちら

 

当メディア「High-end.」公式Twitterアカウント(@highend2038)のフォローもお待ちしております。 新着記事の更新ツイートや、最先端のファッション情報を随時発信中!   >>>High-end.公式Twitterアカウントはこちら   最後までご覧いただきありがとうございました。