VANS(バンズ)オールドスクールのサイズ感・履き心地を徹底解説!ソールの特徴・選ぶべきサイズとは?

こんにちは。ファッションカタログ「High-end」(@highend2038)です。

 

1966年、アメリカ・カリフォルニア州にてスニーカーショップを設立し、今や1200億円以上の売上高を誇るブランド「VANS(バンズ)」

数あるバンズスニーカーの中でも、人気No.1のモデルがオールドスクール。

 

クールでスタイリッシュなデザインが魅力的なアイテムですが・・・・・

 

 

オールドスクールを購入しようと思うんだけど、サイズ感とか履き心地を詳しく知りたいなぁ・・・。

 

 

というお悩み、誰しも抱えてしまうものですよね。

特に、ネット通販での購入を考えている方からすると、絶対に失敗したくないところ。

そこで本記事では、

 

VANS(バンズ)オールドスクールのサイズ感・履き心地を徹底解説!選び方のコツや、絶対に失敗しないためのテクニックをご紹介いたします。

 

結論から言うと、「0.5センチ上のUSA企画」を選べば、適度に余裕を持ったサイズ感で履くことができます。

 

 

・オールドスクールの購入を検討している方

・オールドスクールのサイズ選びでお困りの方

・バンズスニーカーのサイズ感を知りたい方

 

 

に、必見の内容となっています。

 

ちなみにネットでオールドスクールを買うならば、アマゾンだと試着後でも返品・交換可能なのでおすすめですよ。

確実に正規品をゲットできるという安心感も、見逃せません。




VANS(バンズ)オールドスクールの特徴・機能性

元はBMXライダー向けスニーカーだった

1978年に発売された、バンズを代表する大人気モデル。

サイドのストライプが特徴的なスニーカーで、当初はBMXライダーのために作られたスニーカーでした。

 

二宮一平
自転車に乗って変幻自在に障害物を乗り越えていく、人間離れしたあの競技ですw

 

オールドスクールが初めて受け入れられた競技☝

 

その後、BMXライダーのみならず、スケーター達からの評価が非常に高く人気も出てきたため、様々な補強や改良がされたのちに今の形に落ち着きました。

こういった歴史から考えると、

 

・激しい動きに対応

・軽量性に優れる

・丈夫で頑丈なスニーカー

 

という3つの特徴が、ハッキリと見えてきます。

 

日本ではABCマートが廉価盤を販売している

 

バンズスニーカー自体の販売におけるナショナルライセンスをABCマートが取得しているため、日本国内での販売はすべてABCマートが行っています。

使われている素材やデザイン性にも、大きな違いがあり・・・・・

 

 

USA企画は、サイドのストライプが少しスタイリッシュで細めにデザインされています。

ABCマートの日本企画は、どちらかというと全体的に太めのデザインが目立つ設計で、ストライプの下の縫い目が真っすぐなっているのも分かりやすい違いです。

また、日本企画のオールドスクールは、

 

・日本で取れやすい素材

・日本人に合った形

 

を目指して開発されているため、USA企画よりも廉価(安く)で、大衆向けに展開されているという特徴を持っています。

そのため、マニアやファンの間では、

 

二宮一平
「バンズは、USA企画でないとバンズにあらず」とまで言われており、安く買い求める価値はそれほどないというのが現状です・・・。

 

安い素材を使用すれば、その分履き心地やクオリティも低下するのは当たり前です。

オールドスクールならではの味を十分に味わいたいのならば、アマゾンや楽天にてUSA企画をゲットすると、まずもって間違いありません!

ネット通販でしか手に入らないため、レアで希少価値も抜群なアイテムです。

 

※大人気商品のためご購入はお早めに。




VANS(バンズ)オールドスクールのサイズ感・履き心地

スケーター用スニーカーはソールが少し薄い

これは、オールドスクールに限った話ではなく、コンバースやスタンスミスのスケーターモデルなど、すべてのブランドに共通する特徴です。

スケートボードは、不規則な動きをする板の上で絶妙なバランス感覚を競うスポーツであるため、足元の自然なフィット感を実現させる必要があります。

そのため、

 

・ソールを薄く

・軽量設計

・ピッタリとしたサイズ感

 

というコンセプトで、作らざるを得ないという特徴を持っています。

 

二宮一平
衝撃に強くするための柔らかいソールを採用していないため、長時間歩行やランニングには適したスニーカーではありません。

 

僕自身も実際に履いていたことがあるのですが、どこかペタっとした歩き心地で、いわばサンダルを履いているかのような感覚でした。

あくまでスケーター向けの設計と言うだけで、ファッション的にはまったくもって問題なく、むしろクールで無駄を省いたデザイン性を売りにしています。

もし、オールドスクールを実際に履いてみて、ソールの薄さがあまりに気になる方は、インソールを入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

個人的には、せっかくのスケーター用スニーカーですので、そのままの履き心地として味わって欲しいなぁ・・・と思っています。

いくらでも柔らかいソールのスニーカーは存在するので、これはこれで良し、とするのがおすすめですね。

 

サイズ感は0.5センチ上を買うのがベスト

 

実際にアマゾンでオールドスクールを購入した方たちの、サイズ感に関するレビューをピックアップしてみました。

 

サイズ:26.5センチ 評価:★★★★★大満足

商品の到着も予定よりだいぶ早かったし、なりよりオールドスクールはやっぱりかっこいい!今回、ジャストサイズの26.5を買いましたが、問題は無いのですが見た目的に27か27.5を買っても良かったかなと思います。それくらいフィット感あります。

Amazonより引用

 

サイズ:27.0センチ 評価:★★★★★かわいいです!

USA企画でいいです!サイズ感はジャストで気持ち、幅が広めかな?他店と比べて間違いないと思います。出店者によってソールの厚さやステッチが違うので流石にUSA(^-^;)だからでしょうか…

Amazonより引用

 

サイズ:27.0センチ 評価:★★★★個人的に。

26.5cmを履いていますが27.0cmを購入し、個人的に良いサイズ感です

Amazonより引用

 

などなど、レビューからも見て分かる通り、オールドスクールはジャストなサイズ感で設計されています。

あなたが普段から選んでいるサイズの「0.5センチ上」を選ぶと、ジャストサイズでちょうど良いサイズ感で履くことが可能です。

 

また、それでもオールドスクールのサイズ感が不安な場合は、アマゾンでのご購入をおすすめします。

たとえ試着後でも、届いて30日以内ならばサイズ交換・返品可能ですので、ネット通販でも安心して選ぶことができますよ!

 

※大人気商品のためご購入はお早めに。

 

また、

 

二宮一平
オールドスクールにも様々な種類があること、知ってました・・・・??

 

・超個性的なチェック柄

・クールなネイビー✖ブラックカラー

 

などなど、ベーシックなモデルにも劣らない、周りと圧倒的な差をつけたい方におすすめのモデルは、こちらの記事をご覧ください。

機能性や特徴まで、より詳しく解説しています。

👉オールドスクールにおける種類のご紹介はこちら




VANS(バンズ)オールドスクールのサイズ感・履き心地まとめ:0.5cm上がベスト。

オールドスクールというスケーター用スニーカーの特性上、ピッタリとしたサイズ感で作られています。

ファッションとして普段使いをする方にとっては、少し窮屈に感じてしまうため、「0.5cm上」を選ぶのがベスト。

そして、何より重要なのがUSA企画を絶対にゲットする、ということ。

よって、

 

0.5センチ上のサイズでUSA企画のオールドスクール

 

こそ、あなたが選ぶべき最適なサイズ感であり、自慢の逸品なのです。

ストリート系スニーカーとしても抜群の人気度を誇るアイテムであり、スタイリッシュな足元を実現するにふさわしい1足を、ぜひあなたの足で体感してみてくださいね!

 

※大人気商品のためご購入はお早めに。

 

その他のオールドスクールにおける種類から選んでみたい方は、こちらの記事をご覧ください。

👉オールドスクールの種類の解説はこちら

 

また、当メディア「High-end.」公式Twitterアカウント(@highend2038)のフォローもお待ちしております。

新着記事の更新ツイートや、最先端のファッション情報を随時発信中!

>>>High-end.公式Twitterアカウントはこちら

 

最後までご覧いただきありがとうございました。