ワイドパンツはダサいのか!?徹底解説!愛用歴5年以上の男が語る超絶カッコ良い履きこなし法とは?

こんにちは。ファッションカタログ「ジェントル館」運営の二宮一平(@ninomics)です。

 

いきなりですが、

 

あなたは「ワイドパンツが似合う人=スタイルの良い高身長のメンズだけ」なんて思っていませんか・・??

 

その価値観、絶対にもったいないです。

 

 

二宮一平

ワイドパンツは、上半身にスッキリとしたアイテムを活用すると誰にでも似合います!

 

 

しかし、ネット上ではワイドパンツに対して、

 

 

「ダサい・・・よね??」

「似合っていないな・・・。」

 

 

という声が、かなり多いことも事実・・・。

そのまちがった概念を、

 

 

身長168センチ・短足・顔デカ人間が、3年間ワイドパンツを履いてきた経験から学んだ知識をご紹介いたします。

 

 

ワイドパンツを超オシャレに履きこなすには、

 

 

✔全身のシルエットを意識する

✔中途半端な長さを選ばない

✔ボリュームのある靴を選ぶ

 

 

の3つこそが、最重要ポイント。

それでは、詳しく解説していきますね!

 

 

ちなみに、すでにワイドパンツを取り入れたコーディネートを丸ごとゲットするのも、非常に便利な方法の1つ。

サイズ感や丈感など、気になるポイントを網羅している「マネキン買い」のご紹介は、こちらの記事をどうぞ!

👉超便利な話題のマネキン買いについてはこちら




本当にダサいのか!?ワイドパンツにおける3つの特徴

 

ワイドパンツを履くべきかどうか、いくら考えてもパッと解決しませんよね。

そこで、

 

 

✔実際のリアルな評判

✔ワイドパンツのメリット

 

 

これら2つの観点から、より詳しく解説していきます。

 

特徴その1:足の太さをカバーできるアイテム

 

今までスポーツに打ち込んできたから、その分発達してしまったふくらはぎ・太ももの筋肉をどうにかしたいなぁ・・・。

 

高校時代など、青春時代にスポーツへ打ち込んでいた人は分かるはず・・・。

足の筋肉がジャマをしてしまい、

 

 

・スキニー

・ハーフパンツ

・ジャストサイズでも太ももから入らない

 

 

などなど、特にパンツに対する悩みは深いもの。

僕自身もサッカーをやっていたので痛いほど分かります・・・。

そういった悩みを劇的に改善してくれるのが、ワイドパンツにおける特徴の1つで、

 

 

・足の太さを隠す

・太ももの筋肉が邪魔をすることがない

 

 

など、女性に限らずとも、十分にそのメリットを活用することができます。

 

特徴その2:今流行りのトレンドアイテム

 

実際に、数々の超有名ファッションランドがメンズのワイドパンツを猛プッシュしています!

 

 

・ユニクロやGU

・ZARA

・BEAMS

 

 

などなど、確実にブームは巻き起こっているのです。

流行になるということは、万人受けするアイテムということ。

 

高身長メンズしか着用できないようなアイテムではなく、しっかりとしたコツさえ掴んでいれば、誰でもおしゃれに着こなすことができます。

 

また、今きているおしゃれな最先端ブランドのご紹介は、こちらの記事をどうぞ。

気に入ったブランドの中から、お気に入りのワイドパンツをゲットするのもおすすめの方法ですよ。

👉今きているおしゃれなブランドはこちら

 

特徴その3:決して女子ウケが悪いアイテムではない

 

 

SNSでの口コミを調査してみましたが、ワイドパンツ支持の声が圧倒的。

たしかに批判的な声も少なからず存在しましたが、

 

 

✔履きこなし

✔サイズ感

 

 

が原因で、マイナスイメージを持たれているようです。

しかしそれは、ワイドパンツに限ったことではなく、すべてのファッションアイテム共通のこと。

 

バッチリとした履きこなしで、ワイドパンツの魅力をあなたのものにしてしまいましょう!

 




ワイドパンツがダサいと言われてしまう3つの理由

 

なぜマイナスイメージが存在してしまうのか・・・。

それは、いわゆる有名税のような問題もあるのです。

 

①全身のシルエットを意識できていないから

 

二宮一平
ただでさえ、ワイドパンツはダボッとしたアイテムなんです。

 

それなのに、上半身もダボッとしたシャツを着ていてはスタイルも良く見えません。

もちろん似合う人が全くいないことはありませんが、着こなしのレベルが格段に難しくなってしまいます・・・。

 

高身長だけが可能なワザ・・・☟

りょうすけさんの「2018春夏 ジップデザインレイヤードプルオーバー =(CULLNI)」を使ったコーディネート

太めのパンツに、ダボっとしたシャツを合わせたコーデ。

決して似合わないことはないが、低身長メンズには着こなしにくいコーデでもあります。

 

本当に悔しいかもしれませんが、

 

 

✔自分のスタイルを把握する

✔自分にあったサイズを選ぶ

✔全身のシルエットを意識する

 

 

こういった作業があるからこそ、ファッションには魅力が存在するのです。

「ダサい」と言われないためには、あなただけのコーデを実現する必要があります。

 

②中途半端な丈の物を選んでいるから

二宮一平
くるぶしまでの長さは足を短く見せてしまいます。

 

 

思い切って長めのパンツを履くと短足に見えてしまうんじゃないか、と感じてしまいますよね・・・。

しかしながら、それは間違った認識。

 

低身長・短足メンズこそ、長めのワイドパンツを履くべきなのです。

 

 

右が低身長・短足な僕です・・・☟

 

このように、足が短くとも長いパンツを履くことで、逆に足長効果を狙うことが可能になります。

下半身にボリュームを持たせることで、

 

・Vラインシルエット

・小顔効果

 

を狙うことができ、不自然さを感じさせないコーデが完成するのです!

 

③靴とパンツの色を揃えていないから

 

二宮一平
パンツと靴の色を同系色で合わせることによって、十分な足長効果を狙うことが可能になります。

 

 

パンツと靴の色が真逆の組み合わせ☟

JUNさんの「<Steven Alan> TRKY LOOSE MOCKNECK-TEE/Tシャツ(Steven Alan)」を使ったコーディネート

 

パンツと靴の色が同じ組み合わせ☟

RENYAさんの(Graphpaper)を使ったコーディネート

 

あなたはどちらの組み合わせの方が、足長効果を狙えると感じますか・・??

断然、

 

ワイドパンツと靴のカラーを合わせた方が、より足を長く見せることができていますよね!

 

真逆の色にしてしまうとくるぶしで色が切れてしまうため、結果的に足が短く見えてしまうのです。

ちなみにローファーを合わせると、若々しいワイドパンツに高級感のある上品さがプラスされ、絶妙な大人っぽさを演出できますよ。

 

 

女子ウケに特化したローファーのおすすめブランドは、こちらの記事をどうぞ。

上品さ・紳士的なイメージ・大人っぽさを追求したブランドのみを厳選しました!

👉ローファーのおすすめブランドはこちら




もうダサいとは言わせない!ワイドパンツ必殺着こなしテクニック3選!

 

ワイドパンツを必ずおしゃれに履きこなすための、

 

 

✔意識すべきポイント

✔おすすめの丈感

✔合わせるべき靴

 

 

といった3つのポイントについて解説いたします。

 

テクニックその1:Aラインシルエットを意識する

 

全身のシルエットがアルファベットの「A」になるように意識する方法です。

 

もっと簡単に言えば、上半身にボリュームの少ないTシャツや、存在感が薄めの無地アイテムを持ってくるという方法。

最も人気な着こなしとしては、

 

ワイドパンツの中にシャツをタックインすると、腰骨の位置を高く見せることができ、抜群の足長効果を演出できます。

 

ボリュームのあるシャツでもタックインすればOK☟

Shinさんの「プリントオープンカラーシャツ(UNION STATION)」を使ったコーディネート

WEAR

同系色のシャツをタックインすると更に足長効果を狙えます☟

RENYAさんの(Graphpaper)を使ったコーディネート

WEAR

 

しかし、

 

タックインなんて高等テクニックが通用するのも、結局高身長メンズ限定なんじゃないの・・・??

 

なんて、疑問も湧いてきますよね・・・。

決してそんなことはなく、

 

タックインは元々、低身長の方の悩みを解決するべくして編み出された手法であり、丈の長いシャツを着こなすことも可能になるなど、非常にメリットが豊富なテクニックなんです。

 

ただし、ゆったりめのパンツに限ります。

スキニー等でタックインするのは、足の長さをハッキリ見せてしまうので逆効果なんです・・・。

 

テクニックその2:丈感が思いっきり長めを選ぶ

 

長いといっても、裾が地面についてしまってはいけません。

ニュアンスとしては、

 

ワイドパンツの裾下が靴に付くか付かないかぐらいの長さだと、十分にくるぶしを隠すことができるので、抜群の足長効果を得られます。

 

足長効果は低く、幼い印象を与えがち・・・☟

ちょこすけ🍫さんの「Ly/C SINGLE JERSEY S/S BIG-T(SHAREEF)」を使ったコーディネート

 

裾を靴に乗せる感覚です☟

SHUTAさんの「フィブリルサテンオープンカラーシャツ(STUDIOUS)」を使ったコーディネート

 

着こなしの雰囲気も、より大人に見えるというメリットがあります。

また、

 

BEAMSの「バギーテーパードデニム」なら、ブランド価値・サイズ感も絶妙であり、抜群の履き心地を体感することができますよ!

 

 

絶妙な「太さ・色合い・丈感」はさすがBEAMSといったところ☟

 

 

安物ジーンズにはない魅力を持っているので、ワイドパンツに抵抗がある方にもおすすめのアイテムです。

 

 

ちなみに、ビームスの評判やブランドイメージについての解説は、こちらの記事をどうぞ。

一体どんなアイテムを買えば良いのか、絶対に損しないための方法をご紹介しています。

👉ビームスの評判・ブランドイメージの解説はこちら

 

テクニックその3:同系色&ボリュームのある靴を合わせる

 

二宮一平
足長効果&Aラインシルエットの両方を実現できます。

 

要するに、ワイドパンツの太さに加えてスニーカーのボリュームをプラスすると、下半身をより重く見せることができ、全身のバランスが整います。

 

デザインや柄に特徴があるものを選ぶのがコツ☟

とっしーさんの「cuba shirts / キューバシャツ オープンカラーシャツ(kutir)」を使ったコーディネート

 

サンダルなどのシンプルな靴だと着こなしが難しくなってしまいます☟

howellさんの「ギザコットンオーバーサイズTee(UNITED TOKYO)」を使ったコーディネート

 

ボリュームのある靴ならば、当然「スニーカー」がおすすめです。

 

 

✔ハイテクスニーカー

✔スポーツタイプ

 

 

のスニーカーだと、個性的なデザイン性を演出できますし、存在感も抜群です。

おすすめNo.1のスニーカーは、コンバースオールスターハイカット!

 

 

 

スタイリッシュなサイズ感と、どんなボトムスにも合うシルエットが非常に美しい逸品・・・。

ワイドパンツにも絶妙にマッチし、手ごろな価格でゲットできる大人気スニーカーです!

 

 

また、詳しいコンバーススニーカーの種類についてのご紹介は、こちらの記事をご覧ください。

オールスターハイカットや個性的なジャックパーセルなど、ファッショニスタ御用達のモデルのみを厳選しています!

👉コンバースの種類の解説はこちら




まとめ:ワイドパンツがダサいかどうかは「サイズ感 ✖ 履きこなし」で決まる。

これほどまでに、メンズのコンプレックスに合わせたアイテムも他にありません。

 

 

・太さ

・長さ

・合わせる靴

 

 

によって、天と地ほどの差が生まれてしまうので、バッチリ着こなしましょう。

そのためには、スニーカーとの相性・丈感こそキーポイントであり、メンズファッションを攻略する第一歩なのです!

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。